Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
eternal poppy
f0130980_11385776.jpg



次はゆっくりって、書きたいことあったんですが、なかなか時間が取れていないので今日は予定を変更して写真だけ。
少し前までうちに飾っていたポピーです。

こちらは地震の前日に撮った写真。ケイタイでは飽き足らずもう一回撮っていました。
ふたつの花瓶に生けて隣り合わせに置いていましたが、
地震で、テレビに半分押しつぶされぐちゃぐちゃになってしまって、残りの半分はきちんとしおれるまで咲いていました。


f0130980_11412348.jpg



f0130980_11424842.jpg



花はあっという間に枯れてしまうけど、
それでも、テーブルに花があるのはいいものです。
この花はもらったものだけど、
また花を買うときは、これからは一本買って、もう一本分は買ったつもりで遠くの人に。
[PR]
by makishiozawa | 2011-03-30 12:17 | 写真だけの日(一眼レフ)
こんなときだから夢の話もありかな
f0130980_19404071.jpg


昨日の夢はへんてこでした。

夢落ちの映画ほど観てがっかりするものはないと思っている私ですが、少し夢の話。

都下の街並み。まるで普通の町に石を積み上げたカンボジアの遺跡群が組み合わさったようなユニークで素晴らしい、面白い景観でした。駅は路面。強い日差しに照りつけられる埃っぽい土地に降り立ちます。
多分前日に書いていた原稿で昔都内に沢山走っていた都電を、路面電車と表現するか、都電と表現するかで迷ったからだろうな。
どういうわけか私はその土地を一日中歩きまわっていました。お土産物屋さんみたいなところでは、事務机が並んで数個ずつ何種類かの菓子パンが売っていました。それを見てなんでこんなちょびっとだけ並んでいるんだろう?と思います。
日が暮れて、コンクリートの高い塀に登ってそこで偶然会った友人に「朝が来るまでどうやって過ごすの?」と聞かれる場面では、紺色の空にきらきら星が沢山見えました。そう聞かれて、それまでは歩き続けるつもりでいたんだけど、ああそっか朝までは無理か、と思う。
設定は東京なんですけど。
設定は青梅だった気がするけど、景色は高尾に似てました。
途中、十年会っていない人がでてきたりして、知らない日当たりのいい木造アパートの畳の部屋で、私はなにか用心深く説得もされていました。むきになって強く説得されるより、静かに説得されるほうがぐっとくるな、とか思いました。

*
今、原子炉が心配で首都圏から関西などのウイークリーマンションに逃げてる人がすごく増えて空き部屋がないというニュースを見たり、村上龍が自分は東京にとどまることに決めたという話を原稿に書いていたり(とても共感できました。学生時代に読んだ文学作品はそんなに好みじゃなかったけれど)、そういうことが夢と関係しているのかもしれません。
目が覚めて最初に思ったことはそういうことでした。
そして私は自分が生きているこの世界が好きだなと思いました。

地震の日を境に、自分の意識の中の決定的な何かが変わった気がします。
つながっていないようで、すべてつながっている。それが同じ時代に同じ土地で生きているということなのだと思います。そのことを今ほど実感しているときはなかったと思う。
自分は自分なりにやれることをやろう。皆、そう思っているはず。
何度も何度も、自分がやることがどんなふうに同じ地続きの少し遠くの土地につながっていくのか、繰り返し繰り返し想像しながら生活していきたい。全部繋がってる。
それが自分にできることなのじゃないかしらと思う。
もし、という仮定を考えるのは意味がないかもしれませんが、少し震源がずれていたら、報道されていたのは自分の暮らす場所だったかもしれない、誰にでも他人事じゃない事柄。

被災地の方が懸命に生きている姿を見るとそのたびに涙が出ます。
つらい目に遭っていない自分が打ちひしがれている場合じゃあない。
東京でこれまでと同じように生活して、うちは、水も野菜も食べないでくださいと宣言が出るまではこれまで通り普通に食べます。それがうちの合意。口に入れるもの全部ミネラルウォーターでまかなおうとしたら、それこそ買い占めしないと無理です。私は一日に飲む、お茶の量もコーヒーの量もすごいし。全部水道水で作ってますし。
過剰反応は好みではありません。

多分、私は地震の前の自分に戻るということは、もうないのだと思います。
なにかが失われ、新しいなにかを得ている。
多くの人があの日を境に生きかたを変えるんじゃないかという気がします。

地震に関する報道ばかり、という声があるみたいですけど、それに私は驚きました。報道や情報があることの大切さを考え直した方がいいと思います。報道や情報がなかったら、どれだけ不安か。私は報道量が少ないと思っているくらい。偏っているだろうし。報道されていない内容のものがあとどれだけあるだろうと思います。報道機関は報道を続けるということをこの先ずっとやってほしいと思います。そして私は見続けます。

今回はみた夢とか、個人的すぎる話を書いたので、次回はもう少し どんな気持ちでこちらをチェックに来ている方でも興味が持てるような話題にしたいと考えています。


f0130980_1941353.jpg



(カンボジアの写真はすぐにスキャンできないし、高尾の写真がなかったので、青梅の写真)
[PR]
by makishiozawa | 2011-03-26 19:59 | 日々
23,Mar,2011 smiles s s s ...
f0130980_745996.jpg



12月に撮った写真。
春以降にはポストカードのシリーズに仲間入りする予定です。
この写真は色の加工をしてないので、ポストカードにするときはもうちょっとパリっと鮮やかに仕上げようかな。とか思ってます。

*
地震やそれに追随する事柄について思うことを書こうとするとまた時間がかかるので、こういう写真も載せていきます。少しずつ。
頭にくることや理解できないこと、いらっとすることもありますが、そういうことはここに書いても仕方がないですしね。
[PR]
by makishiozawa | 2011-03-23 07:52 | 写真だけの日(一眼レフ)
3月20日 東京にて 雑感 (殆どメモです)
f0130980_1785145.jpg


昨日・土曜日の江古田(私の住んでいる町)は、お天気も良くてぽかぽかしていて、だいぶ穏やかな空気が町全体に戻ってきた気がしました。
近所の薬局ではトイレットペーパーなどはいまだに売り切れていましたが、それ以外はいつものような土曜日です。地元はむしろいつもよりも活気があるように見えます。(買い物してる人が多いから。)私の住む町でも数日間卵とお米が全然売っていなかったけど、少しずつ見かけるようになってきました。
100円ショップの入り口には山のように並んだ緑茶と烏龍茶の2Lペットボトルがあって、この量当分売り切れないんじゃないかしら?と思いました。そのくらいの量。すぐに売り切れてしまったら、まだ異常な状況ですね。

f0130980_179240.jpg


本日は長文です。興味のある方だけどうぞ。


自分の気持ちがまったく整理されていないうちに、いたずらにブログをアップしていくのは憚られました。現状を理解するために知らないことを知る・学ぶという作業もしていました。無用な情報を増やしたくないという思いもあった。ただ、私がそういう考えというだけです。それで、少しお休みして、しっかりと自分の中に気持ちを貯め込んでいました。
綺麗ごとを言いたくない。偽善的な言葉を発したくない。それに、普段通りの頻度で書く気にもならない。一日が終わるのがより早いです。
思うことは書き留めておくべきだと思ってメモしていました。

これまでの更新頻度をみていただければわかるように、
私はブログを更新するのは大好きですが、これまでのペースで更新するのは今はよくないと思っていました。一日がすぐに終わっちゃうので、しばらくは毎日は更新できなさそう。徐々にペースを取り戻していきたいです。
私の仕事は写真を撮ったり文章を書いたりすること。
今書いている原稿も人々の生きる姿。
普通のがんばって生きてきた人々。この普通がとっても大事なのだと思います。
ひとつひとつは無名で、殆ど誰にも知られずに何十年と生きてきた物語だけれど、こういうものをすべての人が持っていて生きていると思って書いています。そういう思いは以前から持っていましたが、あらためてそう思いながら、思うように進まない仕事を進めています。本当に先週の金曜午後を境に遅くなってしまった。
取材の中ではときどき、関東大震災の話や、第二次世界大戦の話が出てきます。そんな中を生き抜いてきた人々の強さを、原稿の中に閉じ込められたらと思います。

○なるべく電気を使わずに過ごしています。
家では厚着をして、暖房を点けるのは日が出るまでの時間と、夜少し。
外から帰るといつも思うけれど、家の中ってとてもあたたかいです。
ひとりのとき昼は電気をつけないで、夜はひと部屋だけ点けています。
それとこれまでどおり早寝早起き。
3日に1度くらいは、夜ごはんを食べずに寝ています。昼を遅めに食べて。
不思議とそんなにおなかが空かないのです。
これまでにしっかり脂肪は貯め込んでいるので。。
心はもちろん、体が丈夫であることもとても大事なことなのだと思います。
私のように丈夫な子は、できる限りのことをしたいと思う。

テープ起こしのときは、家にいてもひとつも電気を使わないで仕事ができます。
もう点けないと無理だというところまで外のあかりで、テープ起こしをしています。暖房はほとんど点けていません。どうしても寒いときは、弱くつけてタイマーを一時間に設定。気づいたら切れていて案外そのまま過ごせるのでいいです。

今、テープ起こしをしているとき耳をふさいで自分のインタビューを聞いて書き起こしているのですが、少しの地震が起きても中断してしまう。テレビを点けてしまう。心配で。小さい地震でも。なかなか集中してできません。
原稿もいつものように集中してできない。

ポメラをやはり買おう。なんてあらためて思ったり。
電池で動く。パソコン代わりに使える。
これならどこでも停電の心配もなく仕事ができます。

○地震の二日後、日曜日、3つのチェーンメールが来ました。
送ってくれた人の気持ちはだれも悪意はないだろうけど、全然違う時期に知り合った、違う土地に住んでいる友人から同じ内容のメールが来て、まったく報道されていないのはおかしいと思って静観していたら、やはり嘘でした。もしも本当に危険な状態であるなら、誰も報道しないのはおかしい。隠す理由もないです。個人的ではない重要な情報がメールでしか来ないなんてありえないと思う。
「確かな筋からの情報」と書いてあったけれど、全然違うところからきている同じメールがすでに確かな筋なわけがないです。
むやみによくわからない情報を送るのは、自分の大事な人たちを混乱に巻き込むことになる。
送らないで本当によかったと思いました。
それと、送ってしまったものは仕方ない、たぶん周りの人たちを救いたい気持ちで送ってくれたのでしょう。それが誤りだとわかったら、訂正のメールも送るべきです。それはやるべき。
それが送った人の後からできる責任ある行動だと思います。
日本に住んでいたらまた大きな地震はいつでも起こる可能性はあって、地震だけじゃなくても、この先、何年後、何十年後にも何か問題がどこかで起きた時、繰り返されないようにという願いを込めて書いておきます。

○買いだめの件  
私はもともと忙しいとき・買いに行きたくないタイミングで買い物へ行かなくて済むように、
あらゆるものをたぶん家庭にある二倍くらい多く買っています。もちろん買いだめていないものはありますが、当分しのげる。なので、なにも慌てて買う必要がありませんでした。私はこれまでこの買いだめの習慣を自分の悪い癖かもと思っていましたが、こうしていてよかったと思いました。本当にいま、必要な人が買えればよいと思いました。
どのくらいものが流通していないかは確認に行っていますが、必要なもの以外は買わない。

巷では、”普段なんでもいつでも売ってるんだから、なくなってから買いに行くようにしましょう”なんていうスタンスで片づけや収納の本なんかに書いてるものも多く見て、実際そういうほうがいいという流行(美しい暮らし)だった気がしますが、そういう本の著者はどんなことを思っているでしょうか。これからは、片づけの本も多めに家にはいつもストックしておきましょうと、書きかえられるのでしょうか。いつも店に売っているものが、いつでも自分のものになると当たり前に思っていたというのは平和に慣れすぎていた証拠ですね。


○俳優の田辺誠一さんのツイッターが役に立つ情報だらけですごいとネットのニュースになっていました。ひとつ引用します。
>対応機種の方は、携帯電話の緊急地震速報メールの設定をお勧めします。マナーモードでも音が鳴り、これから来る地震情報が配信されます。ドコモ http://bit.ly/heba69 ソフトバンク http://bit.ly/fgpku0 AU http://bit.ly/ha7kOT

これを読んで、ケイタイで設定。
自動的に設定されているものも多いみたいですが、私のは自動的になっていないものだったので設定しました。テレビを点けていないとき数秒前でも地震の知らせがあると気持ちが全然違うと思います。自動的に設定されていないケイタイの方は設定をオススメ。受け売りですけど。
(ちなみに私のケイタイはマナーモードにしてると地震速報もマナーモードになってしまうので、大丈夫な時はマナーモード解除)


○報道をよく見ていると(4割くらいしか見えないので聞いていると)、アナウンサーやキャスターの人も一生懸命見ている人の不安を煽らない言い方に気をつけている人とかわかる。好きでもきらいでもなかったテレビに出てる人に好感を持ったりもしました。


○確かに停電が起きると言って起きないのは不便だと思いますが、
これは皆さんが電気を極力使わないようにしている証拠なのだと思う。
東京電力の方もなるべく停電にしたくないと思って動いているのだと思う。
実際町を歩いていても、みなさんすごく節電されていますね。それでも、ここも消せる、とか思いながら歩いてしまいます。

○以前原稿にもブログにも書いたことがありますが、今は少し便利すぎるのだと、昭和の話を聞くたびに私は感じていました。
これまでに取材で聞いてきた年長の方々の話は、私の力になっていると思います。
私が生まれた時は、こんなに便利じゃなかった。それでもやってこれました。
外国にいたら停電だって何もない日常でも起きたりする。
そうすると、みんなどこからともなくキャンドルを持ってきてテーブルに置く。
そんなことを思い出したりました。
これまでの日本の生活のクオリティの高さを再び実感します。
その恩恵を享受し、当たり前に思わないこと、平和な日々が戻ったとしても。そう自分に言い聞かせています。

○本当に大切なものはなにか、少なくとも自分はその再確認ができています。
自分にとって大事な人や友人がいるなら、自分からそれを伝えればいい。
コミュニケーションが最重要事項と言ってしまってもいいほど、生きていくうえで大事なことだと思う。
自分を大事に思ってくれる人の数は、自分が大事に思っている人の数に他ならないと思っています。
いつもどんなことも表裏は隣合わさっている。
だから、それ以外のことは考えず、大事にしたい人を大事にすればいいのだと思います。


○住んでいる場所によってそのレベルはそれぞれだと思うけれど、日本に暮らしていたら
不安なのは皆同じだと思う。

出来る限り、普段通りの生活を送ること。今の私なら黙々と仕事をはかどらせること。
自分にできることをやること。
それを誰かに知らせなくてもいい、誰も見ていなくたっていい。
自分では自分は欺けません。
まだ落ち着かない日々は続きます。
大地震の日から一週間過ぎても、なにも解決されていない。
ただみんな、それぞれのなかに力強さを持っているように見えます。
とてもとても太刀打ちができないものが相手でも、負けない。
強く気持ちをもって、これまでどおりにしっかりと生きることだと思って生活しています。


f0130980_1791396.jpg


(3/15のスーパー。こんな状況でも、焦って買うことない。どこでもこんな状況だったけど、東京で物がずっとないなんてあり得ないと思う、西日本は無事なのだし。と思った。)
[PR]
by makishiozawa | 2011-03-20 17:37 | 日々
3月11日の地震
f0130980_9262920.jpg



家で仕事をしていました。地震が来たと思いしばらくそのまま様子を見ていましたが、いっこうにおさまらず揺れが大きくなっていったので一番倒れそうな2メートル近くある本棚をしばらく抑えていました。それでもおさまらないので、これはまずい自分が逃げたほうがいいかもと思い、窓を開けて庭へ。がしゃんという音がして洗ってあった食器を干す棚ごと床に落ちて散乱し、食器がいくつか割れました。テレビも倒れて打ちどころが悪く割れました。とても怖かった。
都内、震度5でこれだったので、震源に近い方の恐怖を思うと、胸が痛みます。

電話が全然つながらなくなったので、自転車で実家へ行きました。
実家はうちよりも頑丈みたいで少しものが落ちただけでした。父の無事を確認して帰宅。
うちの彼は川崎市内で仕事をしていて停電もして電車も止まってしまったのですが、メールで無事は確認できて、夜中の1時半頃帰ってきました。
母は高田馬場で仕事をしているんですが、やはり夜遅くに帰宅しました。妹とも同様にメールで連絡が取れました。

友達が連絡をくれたり、連絡したりもしました。
メールが比較的繋がるようになってから、地震が起こったということだけ伝わって心配だろうと思い、アメリカの友人に無事だとメールしました。
私の周りでは大きな被害は今のところ聞いていませんが、福島に親戚が住んでいるので心配です。郡山だから大丈夫だと思うのですが。

よく見えないテレビ画面でニュースを見ながら、絶句しています。
被害は想像を絶するものです。全体像さえわからない。
それと、いまは原子炉が心配です。
東京でも今日になってもときどき余震が起きています。
気象庁のホームページを見ると、小さいものも含めてものすごい回数の地震が起きていることがわかります。

これ以上被害が大きくならないことと、みなさまのご無事を心より祈っています。


追記:
ブログの更新を少しお休みします。
様子を見て再開します。
[PR]
by makishiozawa | 2011-03-13 09:31 | お知らせ
鍋しき&ざくろティー from Turkey
f0130980_18563828.jpg



少し前うちに仲間入りした愛用品。
友人からのトルコのお土産、陶器の鍋敷きとざくろティーです。
柄がとてもかわいくてすっかりお気に入りです。
せっかくなのできれいに写真に撮っておきました。
割らないように大切に使います。


f0130980_18564959.jpg



まっかなお茶です。
もう半分以上飲んでしまい、飲みきってしまう勢いで飲んでいます。
ざくろは酸っぱいですけど、とてもお肌にいいんですよね!
一時期ざくろジュース買って飲んでいました。高いのでやめてしまったけど。苦笑


f0130980_18565843.jpg



下には、私が普段愛用しているストールを敷いて撮ってみました。


f0130980_185782.jpg



コーヒー狂いですが、お茶もいいよね!
ってことで、昨日また中華街で新しいお茶も買ってきました。
コンパクトカメラで簡単に写真も撮りました。
それはまた後日別の記事で。

*
今日は原稿が決めた時間に書き終わらないどころかとっても長くなってしまい、また修正に苦労しそうです。
パソコンの画面に向かい合いすぎ、目が痛いです。
[PR]
by makishiozawa | 2011-03-10 19:07 | my favourite things
今日は町田→横浜
f0130980_934179.jpg


ケイタイからです。

今日は町田へ行き、そのあと横浜へ。
向かいの小田急線はかなり混んでいますが、下りはガラガラで助かります。

横浜へ行くのは久しぶりだなぁ、緑も多いし歩いてると都内よりも解放感があるので、よい気分転換になりそう。
美味しいもの食べたい。

しかし昨日はいろいろ考えごとをしてしまってかなり寝不足。
めちゃくちゃ眠いです。つらい。
朝ひと仕事したかったが、夜ごはんの準備をするので精一杯で。無理だった。
今日はイワシを煮て、ワカメを炒めてきました(←初挑戦メニュー)。

写真は昨日の夕方&ポピーはまだつぼみもあります。
今朝もきれいで撮ってしまった。


f0130980_934145.jpg

[PR]
by makishiozawa | 2011-03-09 09:03 | 日々
15年前 浅草 のつづき
f0130980_591151.jpg


(浅草 1995or1996, 白黒フィルム→Canon A-1→オリジナルプリント)

*
むかし、大学に入って写真部で暗室作業を覚えました。
使っているカメラをきちんと使いこなせるようになりたくて、いろんな場所へ行っては写真を撮ってプリントしました。
暗室にはいると時間が経つのがあっという間で、写真展の前には徹夜で暗室に入ったこともあったな。本当は10時に帰らないといけないんですけどね、警備員さんの目を盗んで。
現像は嫌いでしたが、プリントは好きでした。
そんな頃の写真です。

浅草を歩いていて撮った、19歳か20歳の頃のもの。
まだあまり人物を撮る勇気がなくて、風景やもの写真が多い頃です。
高校時代は花や景色ばかり撮っていました。
そんな昔昔に撮った、旅カテゴリーに入れられない写真を、このカテゴリーには載せていきたいと思います。まだデジタルカメラのない時代。
どのくらい写真があるか自分でもあまり把握できていないんですけれど。
思い出せることがあったら、そのときのことも書いていこう。

少し前荷物を減らそうと、殆ど取っておいていた写真類を大量に捨てたんですが、これは気にいっていて取っておいていました。
自分で思っているような写真を撮れるようになるには、やっぱり沢山撮り続けることだと思います。それも、ズームレンズを使うのではなく単焦点レンズで、自分が寄ったり引いたりしながら撮るのがいいと思ってます。この頃はそういう訓練をしていました。これが今に活きてます。


f0130980_59378.jpg

[PR]
by makishiozawa | 2011-03-09 05:21 | 旅5-scene,in the past
ポピー
f0130980_162365.jpg

ケイタイからです。

今日、なんとか仕事を一段落できたので、行きたかった器の個展へ。
コーヒーを飲み過ぎ、若干気持ちが悪いのですが。時間がないっ。
在廊一時間くらいで帰ってきて、夜ごはんの準備です。
今日はもう豚汁を作ってあるので、比較的楽ちん。鮭も焼きます。

写真は日曜日にもらったお花。
ポピーかわいい!
大好きです。アネモネもラナンキュラスも大好きです。
すぐに花が開いて、重くて折れちゃって、何本か短くなってます。


f0130980_1623615.jpg

[PR]
by makishiozawa | 2011-03-08 16:02 | 日々
パウンドケーキの覚え書き
f0130980_17574340.jpg



先日、父にあげるんで焼いたパウンドケーキ。
何度か作って自分のレシピを完成させました。
ブラックのコーヒーにぴったり。
気に入ってるので、ちょっとずつ入れるものを変えてまた作ってみたいと思います!


f0130980_17575497.jpg



焼けたところ。
この型重宝しています。


f0130980_1758630.jpg



覚え書きで、入れたものをメモ>
・ココナッツパウダー
・オレンジの皮 砂糖漬
・チョコレート
・ラム酒に漬けたドライフルーツ(今回はあんずとクランベリー)
・黒糖
・レモンの香り数滴
・くるみ、スライスアーモンド
・今回はラム酒と牛乳の代わりに 豆乳
[PR]
by makishiozawa | 2011-03-06 18:10 | たべもの