Top
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧
30,Apr,2008 すべては人の物語
f0130980_2026643.jpg


数日前の、パン屋さんの話のほんの少しつづき。


何かおいしいものや、ステキなものに遭遇した時いつも私が考えてしまうのは、
そのもの自体のことよりも、それを作る人の思うこと。
どんな思いを経てそれが出来上がっているのかということ。

それが形あるものでも形のないものでも、そのものは
誰かの表現方法に過ぎないのだと思います。
本人がそれを表現と思っていてもいなくても。
真ん中にあるのはいつも、それを作る人。
ものは人の思いのかたち。

そして世の中にはステキなものやかわいいものばかりが溢れているわけではなくて、
その現実からも目をそらさずにしっかり見据えて生きていく、
苦しいことや、醜いものや、悪いものなど、まるでそんなものは世の中に存在しないといった風に生きていくことはできないと思う。
なんとなく目をそらしている感じ、そういう空気を感じた時に違和感を感じるから。
すてきじゃないものも、かわいくないものも溢れているからこそ、すてきなものやかわいいものがかけがえのないものになるのだと。
表には必ず裏があるのだと思うのです。それが見えにくくても。


去年から取材している本も、次に取材したいと(今のところ)考えている本も、表面的なアプローチは場所だったりモノだったりするかもしれないけれど、
結局は人の物語なのだと思いながら、話を聞いていくのだと思います。
その思いが書いている間にはっきりとしたものになっていきました。
そして表面的な話だけじゃなくて、目に見えるものの裏にあるものの話を聞くことができれば、
きっといい取材ができたと、あとからひとり思い出したりして、
それがいつか私にとっての生きる糧になるのだと思います。


f0130980_20263981.jpg



おまけ写真。
今うちに飾ってる菊の花。
菊の花の中では、私はこのきみどり色のが一番好き。
この写真は、確か新しいカメラを買ったときに、試しで撮ったもの。
まだ菊はかろうじて咲いています。

*
今日は新橋で取材の後、髪を切ってきました。
やっと行けた。
写真はまた近々。あらためて。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-30 20:31 | 日々
28,Apr,2008 バナナパンケーキ
f0130980_22264054.jpg



前からやってみたかった、ホットケーキの中にスライスのバナナを入れて一緒に焼くというのをやってみました。
自宅での昼ごはんに。今日取材へ出る前。
ただいつもの買い置いてあるホットケーキミックスを使って作っただけ。
見えにくいうえにあまりバナナが沢山入っていませんが、先に焼いた一枚目(下の方)に半分以上入れてしまったから。
でも二枚目のほうがうまく焼けたので、上にしました。
初めてだから、徐々に上手に作れるようになれたらいいかな。
バナナの配置のコツとか、焼き具合も研究の余地ありそう!です。
またおいしそうにできたら写真に撮ります。

バナナは焼きバナナという感じになってとっても甘かったのですが、もしかしたらもっと青っぽい若い固めのバナナのほうが、私好みの味になるかもと思いました。
なかなか東京では、そこまでバナナを厳密に選ぶのは難しいですね。
東南アジアならいろんなの料理によって選べそうですけれど。
シナモンとシロップをかけたのですが、チョコレートかけたりしてもおいしいかも、と思いつつ。
チョコレートかけたら、ランチじゃなくてほとんどデザートですね。

パンケーキバリエーション、はまりそう。
いろいろ試してみようと思っています。
明治屋でもお買い物したし。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-28 22:36 | たべもの
明治屋
f0130980_16364460.jpg

今日は京橋で取材だったのですが、帰りに明治屋へ。
休みに挑戦してみたいスイーツがあって、その材料を求めて。イタリアのビスケット。
江古田のスーパーには売っていないだろうと。
一軒売っていそうなスーパーもあるけど、今の今まで忘れていた!
イメージでは、成城石井とかカルディとか明治屋とか紀伊國屋に売っている感じ。
たまたま今日が京橋取材で、最初東京駅直通の新丸ビル内の成城石井へ行こうとしたのですが、結構距離があるんですよね、東京駅。でどうしようか考えていたら京橋の駅すぐ前に明治屋があることに気づく。ネットの地図上にね。
ということで寄ってみることにしました。

明治屋は横浜でふらりと入ったりするときはあったけど、ちゃんとお買い物に行くのはアジア料理に懲りだして調味料を一式揃えて以来かな。
ロンドンから帰って実家を出て間もない頃。
今よりまだ調味料の揃っているスーパーも少なかったし、何より入れ物がかわいかったから。明治屋で売ってるもので揃えたのでした。

今買い物を終えて帰り道なのですが、なかった!イタリアのビスケット。
余計なものをいくつか買ってしまいました。輸入スーパーは楽しくてつい!
私の大好きなマレーシアの紅茶も売っていました。いずれご紹介しますね。

江古田に高級スーパーひとつあるのですが、ビスケット売っていてほしいなぁ。ないかなぁ。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-28 16:36 | 日々
26,Apr,2008 ひねのパン
f0130980_14401769.jpg



今日はうちから一番近いパン屋さんでパンを買った話。
やっとですね。
お話は先週のこと。

うちから歩いてほんとすぐのところに、1分くらいかな?”ひね”という名のパン屋さんがあります。
とても小さなパン屋さん。
江古田の駅からは歩いて5分くらい。
11時にいつも開くんですが、12時半とか13時に行くとすでに売り切れちゃって閉まっていたりして。
あとはだいたい時間ちょうどに思い出しても、定休日だったり。
そもそもうちで仕事をしていても11時を気にして過ごしたりしているわけではないので、なかなか開いている時間に気づかないのです。
先日、12時少し前だったか久しぶりに思い出して行ってきました。
開いてた、開いてた。
少し並んでいましたが、並んで買うことに。
その日の昼と、次の日に食べる分も買おうと思って。
せっかく開いてるところへ遭遇したわけですから。


f0130980_14421669.jpg



3種類のパンを購入。全部で550円くらい。(詳細不明)
1)三個入りのもちきびパン 150円
2)ひよこ豆のカレーパン
3)伊予柑ピールとくるみとレーズンがはいってるやつ

この伊予柑ピールのは前にも買ったことがあって、とてもおいしかったので迷わず購入。
それからなんだか3個入りのこのパンがぴかぴかして見えたので買ってみることにしました。
そこからいろいろ挟んで食べるのにはまる。
最初はうちにハムがあったのでハム、次にやはりうちにあった生ハムなど。
野菜たっぷりで食べるのがとても好きです。


f0130980_14435989.jpg


こんな風に3個セットで袋に入って売っています。

*
今週も一日、タイミングよく思い出したので再び行ってみました。
午後から撮影の日で、お昼はうちでだったため。
お昼ごはんに買っておきましょう!と。
時計をみるとちょうど11時10分前。
準備して行ってみたらちょうどオープンするところだったのですが、大行列していて驚きました。
ここでは過去に見たことのないほどの行列、私が10番目くらいに並んで、しばらくするとまた後ろに7.8人並んでいました。
すごい!
前に並んでいる人は、バーラー江古田で買ったとおぼしき袋をさげていたりして。
きっとちょっと遠くから、パンの食べ歩きのためにやってきているのね、と思いました。

ひねはあまり開いている時間が長くないので、仕事のある私は来られても一週間に一回とかだけど、
パーラー江古田も好きだし、ロクアーチェも好き。他にも気になっているパンやさんもあります。
江古田はいいパン屋さんが沢山ある街なのだなぁと思うのでした。

今週もまたまた3種類のパンを購入。全部で450円。(詳細不明。不明というか、忘れたんです。)
1)三個入りのもちきびパン 150円
2)クリームパン
3)今度は伊予柑ピールとチョコチップが入ったパン


f0130980_1445595.jpg



今度はもちきびパンの写真は撮りませんでしたよ。
代わりにサンドしたものを。


f0130980_14471329.jpg



ひとりでパンを作って、毎日1時間ちょっとで売り切れちゃって、
そうすると本日は売り切れましたと店の表には紙が貼り出されます。
どんなことを思いながらパンを作っているのだろう?
毎日1・2時間でお店が閉まるのってどんな感じなのだろう?
別のパン屋さんで以前、この方と同じ店で働いていたという方とたまたま話したときがあって、
ひねの店主は、ひとりでお店をやっていると聞いたことがあります。
いつかお話を聞いてみたいなと思いました。


f0130980_14494574.jpg



伊予柑ピールにはかなり虜に。
私も伊予柑ピールを使って、何か作ってみたいなと思ったり。


ほんの少しだけつづく・・
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-26 14:57 | たべもの
25,Apr,2008 三本目の足が抜けた三脚の話
f0130980_17422490.jpg



一昨日取材中に私の三脚が、、足(脚)が一本抜け壊れました。
以前どこかで三脚はこれまでに2回足が抜けたことは書きましたが、
とうとう3本目が。
いつか来ると思っていたので覚悟はしていましたが。
よりによって一番忙しい週に。。

昨日からはとりあえずの応急処置で別の三脚を使うことにしたのですが、
うちでちゃんと新しいカメラを支えられるかなど実験してみて感じる。
いかに普段自分が使っている三脚が使いやすいかということ。
うちで応急処置の三脚で一連の動作をやってみたところ、指は痛いは爪は軽く折れるは、マニキュアは剥げるわで、それだけで疲労してしまった。とにかく使うと痛い。
いつものスピードで操作なんてとてもできない。
ものに魂があるとかないとかそんな話を始める気はないけれど、私とあの足の抜けた三脚は深い信頼関係で繋がっている、とさえ思う。
あの三脚は決して私に痛い思いなんてさせないのです。ぴったりとなじんで。
そして私の思う通りの写真を実現してくれる。
ブログのためだけの写真は三脚をほとんど使っていませんが、
仕事の写真ではほぼ使っています。

三本目の足が抜けた三脚は、もう使い始めて11年くらい。
カメラは途中で変えたから、私が使ってる機材の中で一番古いということになる。
一緒にいろんなところを旅して、色んな土地の土を踏んだんだな、としみじみ思う。
私はこの二本の足で、三脚は三本の足で。
これまでに最初に足が抜けたのは東京の取材。
新品で買ってからそれまでに、ネパール、イギリス、イタリア、オーストリア、ハンガリー、チェコ、タイ、バリと連れて回った。
そして東京。アジアン雑貨と暮らすという特集のときの雑誌(ムック)の撮影のとき、
雑貨屋さんの取材中だったけれど、確か大事な写真はもう撮り終えたところで難を逃れた。
二本目の足は、マレーシアだったかバリ島だったか。マレーシアだったかな?
忘れもしないのは大きな岩の上で撮影してる最中に足が抜けたこと。
このときはハンカチみたいな布で抜けた足を縛って固定して、滞在中そのまま使い続けた。
三本目はまた東京、銀座。
三軒目の取材を始めるところで足が抜けたので、三脚なしで撮影した。
本当は絶対に仕事の撮影のときは三脚を使いたいのだけど、
この仕事の場合はなによりも予定通り終わらせることが最優先。
締め切りもあるので、また別の日に来て撮影、なんてロスはできないから。

私の大事な三脚、足の抜けた姿を見ているとよく働いてくれたなぁと愛しく思える。
また修理に出して戻ってきたら、これからもずっと連れて歩こうと思う。
もう3度抜けたから、当分足は抜けないでいてくれるだろう。

*
写真は取材したお店の使わないとわかっていて撮ったカット。
時間に余裕があるときは、ちょこちょこと余計なカットを撮ったりもします。
昨日お話ししたカレー屋さんとはまた別のインド料理店です。
こういうのさんざんこれまでに撮ったな。
なんだか懐かしいな。


f0130980_1744398.jpg



店からは築地本願寺が見えます。

南インドの人々は7割がベジタリアンで、さらに主食がお米だそうですよ。
知らなかった。また勉強になりました。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-25 17:52 | 仕事・写真のこと
24,Apr,2008 おいしいカレーには秘密がある
f0130980_2072533.jpg



「次回はもちきびぱんを買っているお店の話」なんて書いておきながら、ちがってごめんなさい!
今日うちで食べたカレーの写真です。
カレーは3日前に作ったものの残り。
取材で自分が帰りが遅くなる時に、夜ごはんにと昼に作っておいたものです。
今回はちょっと焦がしめに作ってみました。
昔取材した、本郷三丁目の万定フルーツパーラーのご主人が「うちのカレーは焦がして作るんだ、だから病みつきになる味だよ」、と言っていたのを思い出してやってみた。
香ばしくておいしくなりました。
ちなみに今日のパンは(後ろに写ってる)6個で100円の安いやつ。前にも載せた黒糖ロールです。
カレーにパンも結構好き。黒糖ロールはちょっと甘いので辛いカレーにまたよい。
今日は取材先の3軒目もカレー屋さんだったから、朝と夜カレーになってしまった。昼は抜いたし。
撮影させていただいたカレーもとてもおいしくて、またちょっと勉強になってしまった。
おいしく作る秘密を聞いて。
またカレー作ろう。

*
ここのところ意図せずして、一日おきに更新みたいになっているのに、
毎日見に来てくださってありがとう!
とてもうれしいです。
この銀座取材が終わって、もう少しで今書きかけのものも書き上げて、
そうしたらもう少し充実したページをここでも作っていけると思っています☆
それは、私にとっての楽しみでもあるんです。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-24 20:14 | たべもの
23,Apr,2008 お気に入りのパン
f0130980_12325128.jpg



最近ちょっとお気に入りのパン。もちきびパン。
江古田で買っています。
先日写真にも載せた母の誕生日の時に作って冷凍したレンコンハンバーグをはさんだりして、食べたりして。
醤油をかけながら今回はしっかり蒸し焼いてみました。
はさんでなんども写真に撮っているので、一度に何枚も似たような写真ははくどいと思いまして、今日は一枚。
次回は他のパンの写真とともにご紹介します。また同じパンを!
他のものはさんだ写真もあります。

後ろに写るはエキゾティカという名のお茶。LUPICIAのもの。
ルイボスティーにシソとミントをブレンドしてるお茶です。
さっぱりしています。私の舌ではシソの風味が最も豊かに感じられました。
とってもおいしいです。

今風邪薬を飲んでいて、処方してもらったもののひとつが”コーヒーと一緒に飲んではいけません”というものだったので、ここ二日自宅ではコーヒーを控えています。
取材先で出していただいて、なんだかんだ飲んだりはしていますが。
コーヒーが、もっと飲みたい。。

*
風邪を引いているときに限って忙しくなる。
今週は取材が多い!
来週の頭はその締め切りだし。(文章)
髪の毛を先週くらいから切りに行きたいのだけど、行けなくてイライラしてます。(笑)
そして夕方の取材も多くて、ちゃんとごはんを作れないのがまた悲しい。
いろいろ言っても仕方ないので、がんばります。
というお話でした。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-23 12:52 | たべもの
21,Apr,2008 土曜日は母の誕生日
f0130980_17154975.jpg



土曜日は母の誕生日でした。土曜の夜は家族みんなでお祝い。
こちらは父が買ってきた誕生日ケーキ。タカノのケーキにしたみたいです。
実家のダイニングテーブルは黒。なんだか浮いてるみたいだわ。


f0130980_17162233.jpg



ちょっと時間をかけて夜ごはん、作りに行こうと思っていたのだけど、なんだかあまり調子がよくなくて午後から眠ってしまったら、起きたら5時半頃でした!
いつも実家の夜ごはんはだいたい7時頃。
買い物にも寄らないとならないのに時間がないーと急いで実家へ。
ディナープレートを作りました。妹に手伝ってもらいながら。
しょうゆで食べる蓮根入りのハンバーグに、クレソンごはん、キノコのソテーとスペイン風タコポテトでワンプレートに。あとワンタンスープ。
実家のお皿の中で、気に入ってるお皿に盛りつけました。
いつかこの皿譲ってもらえないかなぁと、狙ってます!(笑)ずっしり重くていいお皿です。

なんとか作ろうと思っていたものは作り上げたものの、とっても急いで作ったからジャガイモがちょっとかためだったり、ハンバーグの蓮根がでかかったり、ちょっと不本意な出来に。
味は悪くなかったけど、残念だったなぁ。。
2時間くらいかけてゆっくりきちんと作りたかったな。
母は私の作るタイカレーが大好きみたいなので、また近いうちにタイカレーを作りに行こうと思っています。
このクレソンごはんは結構おいしいんですよ。
最初に見たときはびっくりするかもしれないけれど。
白ごまと、塩・胡椒、オリーブオイルで和えるんです。

妹の娘たまきとも遊びたかったのだけど、ばたばたと作って全然時間がなかった。
ゆっくり遊びたいなぁ。


f0130980_17165330.jpg



ケーキにはロウソクを点けて。
なぜか5本、そしてなぜかたまきがはりきって吹き消していました。(笑)
たまきの誕生日ももうすぐだけどね。

食後にコーヒーといただきました。


*
f0130980_17172163.jpg



そして実家からの帰りにうちにあった山梨県・ききょうやの桔梗信玄餅をもらって帰りました。
風呂敷に包んだみたいなパッケージがかわいいです。


f0130980_17175590.jpg



日曜日にお茶しながら食べる。
きなこに黒蜜をかけて。
子どもの頃から何度か食べたことがありましたが、これとても美味しいです。


*
毎日更新しなくてもいいやと思って過ごしているはずなのですが、やっぱり1年間毎日更新してきたので完全に癖になっています、更新しないとわずかながら罪悪感に苛まれるのです!
別に義務でも罪でもないのに!!
癖ってこわいですね。
この数日、更新しないながらもつねに気にかけて過ごしているような感じです。
それほど更新を休む気はないのですが、一日おきみたいになってます。
どちらにしても、時間をかけて更新しない日にも慣れていかないとな、と思うのでした。
もちろんなるべく更新したいという気持ちは持っています。

日曜日は恋人が高熱を出してしまい、私も風邪を引きそうな状態が数日続いていてうちで安静にしていました。
ばたばたとあっという間に週末はおしまい。
銀座の取材もあと数日で終わるかと思っていたら、軒数が増えてしまいそうともいかなさそうです。
仕事に引きづられるようになっていて、よくないなぁ。
もっといろいろなことをうまくコントロールできるようになりたい。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-21 17:55 | たべもの
19,Apr,2008 バスの中から
f0130980_14273880.jpg



ミャンマーといってひとつ思い出すこと。

中野から江古田へ帰るバスの中から、なんとか撮った一枚です。
今日の写真は前回と同じく日曜日。
バスがいたので急いで乗ってしまったのですが、そのあと表で署名運動をしている人に気づく。
バスの中までその声はかすかに聞こえます。
それはミャンマーで軍人に射殺されたジャーナリスト・長井さんのカメラを、ミャンマー政府から取り返すための署名活動のようでした。
長井さんは中野に住んでいたそう。
僧侶の彼は、自分は長井さんの友達だと叫んでいました。
安易に言葉で表現するのは難しいですが、本当にあの事件には憤りを覚えています、いまだに。
ジャーナリストが戦場で命を落とすのは世の常です。けれど、彼が命をかけて撮影した映像が殺した者たちによって隠され、永遠に誰にも見られず、報道されず、処分されることはあってはならないこと。現代では。

同列に記すことさえも恥ずかしく、長井さんに対してもしかしたら失礼にあたるかもしれませんが、
ただこのタイミング以外に書く機会がなさそうなので同列で書いてしまいますが、
私はガイドブックの撮影のために、ジャーナリストビザでかつてミャンマーに入ったことがあります。
入国時にはビザも発行されていてミャンマー人の推薦状もあるのに、カメラバッグなどを調べられ、機材が多すぎると言われました。
街中でも三脚を立てて町の様子を撮影していて、知らずのうちに軍の建物のほうへカメラを向けていたりすると、軍人がいぶかしがって近寄ってきます。
美しい国なのに、軍に支配されている国です。

バスに乗って初めてこの署名活動に気づき、次に彼らに遭遇したら署名しようと思ったのでした。
結局署名できなかったという話なんですが、書いておこうと思いました。


f0130980_1427553.jpg



あとから、当時のパスポートを引っ張り出して、もう一枚。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-19 14:29 | 日々
変えてみようと思います。
f0130980_12382883.jpg



毎日見に来てくれる人が、毎日書き始めたころより増えているから毎日アップしたいし、何より楽しい。
そう思ってきましたが、やはりもう少しちゃんと文章を書きたいと思うようになってきました。
だからちょっと実験で、暫く毎日アップするということに捉われず、きちんと記事をアップすることを意識してみたいと思います。
これまでのように文章を書く日もあるし、ただコンパクトカメラで深く考えずにシャッターを押した写真も同じように載せます。
ただ、これまではとにかく毎日アップしようということが最優先で、発想は「今日はもうアップしたから一安心」とか、「まだ今日はアップしてない、時間あるかな。どの写真にしよう」という感じ。
なんだか自分がそういう表面的なことに捉われているのがちょっと良くないような気がしていて。
仕事が忙しければ文章も正直しゃべるみたいに出てくるままに書いているし、そういう気分の日もあるけれど、たぶん私が本当に表現したいのはそんなことじゃない。
だから何となく、違和感があるのだと思う。
自分がもっと自分の写真日記を好きになるために、少し変えてみようと思います。
ここで、仕事で書くように文章を書かなくてはとは全く思っていません。ただ、もう少しちゃんと書きたい。
大切な人に久し振りの手紙を書くときみたいに、少しだけ慎重に言葉を選んで。
今はちょっと考えずに筆を進めすぎ。

本当は自分が毎日開く誰かのサイトが、開くたびに新しい写真が載っている状況が大好きなので、「毎日」という部分にこだわり続けたい気もするのですが。
いろんなパターンを試してみる価値はあるのではないかと思って。なにしろまだブログ始めて、たった1年ですから☆

日々の雑記も、これはこれで自分の記録としておもしろいから続けますよ。
ただ、自分が毎日ということにしばらく捉われないでいてみようと、そういう試みです。
そうしたら内容がどんな形になっていくのか、やってみようと。
「毎日じゃなくていい」そう思った途端に、緊張の糸みたいなものが切れて無限に怠けてしまいそうな恐ろしさ・・みたいなものもあるにはあるのですが(笑)、毎日見に来てくれる方がいるのはかなりの心の支え。だから大丈夫と、断言できる。
どうかこれからもあたたかく見守ってください。試行錯誤して、時間をかけてでも自分なりのベストなスタイルを確立していきたいのです。

私は今、一冊まるごと書くのは2冊目になる本を書いています。もうかなり長い時間経っていますが。
当初は写真中心のフォトブックの予定でしたが、今は写真が脇役の読み物にしたいと考え直して作っています。
やはり私はただカメラマンでいたいのではなくて、”写真を撮れるなにものか”でいたい、そして本づくり、それがしたいのだと日々感じています。
(ちなみに現在、名刺には「フォトグラファー」と書いています。カタカナ表記、日本語の名刺は。書く仕事がそれほどないのにライターぶるのは恥ずかしいと思って、ずっとそれでやってきましたが、次回の印刷からは名刺の表記も変えようと計画中。)
誤解を恐れずに書くと、この数年カメラマンとして仕事をしている中で何度かのタイミングで、仕事の枠、やっぱり写真だけじゃだめだ、そう思わさせられる場面がありました。
たぶん、私がかつて旅行の写真を撮る仕事がしたいと思ったときに、旅をして写真を撮って、英語がきちんと話せないとだめだ、と思ったのと同じことなのだと思います。
あくまで、私がやりたい仕事をきちんとやり遂げたい形でやるためには、という意味です。

まだ丸ごと書くのは2冊目なので自分の中での目安がうまくつけられず、正直、日々のバランスが悪い。
頼まれ仕事の撮影など、他の仕事に時間を取られるとがたがたとバランスは崩れて、自分の仕事が遅れて。情けない話です。
それに一日かけて書いていると、書くということに関してのエネルギーは残っていなく、しゃべるような言葉しか出てこない。
もう少し時間をかけて、書くという仕事のバランスをうまくとれるようになりたいものです。
だから毎日きちんと同じ分量書けちゃう人はすごいなー!って、ただひたすら尊敬。

*
最初の写真は、銀座の取材で料理の撮影をするまえに、試しで撮った写真。
時と場合によりますが、取材を多く受けているお店や、溶けてしまうものが出てくる場合など、こうしてお皿だけ先に置いて構図と露出を決めておきます。ちなみに料理が入るとこれでは少し明るすぎ。
あとは、料理が来たらお皿をすり替えて、レフ当てて撮るだけ。
普段はこういう工程もそれほどはやりません。すぐ料理の時の方が多い。
こちらは先日もお話しした東銀座の喫茶YOUの取材の時。右側にとろとろふわふわのオムライス、左にはブレンドが入ります。それから真中に生クリームの小さなお皿。
私は自然光がとにかく好きなので、お店でもホテルでも自然光で料理を撮影できる条件の場合は、照明は使わずに撮影します。
この日も自然光で撮影。
そして私の仕事の写真の特徴というかポリシーは、一枚で何もかもを表現しようとしないことです。
いろんな役割の写真があって、それぞれその役割をきちんと果たすようにと、そう思って撮っています。
これは単行本の仕事を続けてきたからかもしれません。
一枚にいろんな要素を入れようとすると、写真の力が弱まります。
友達にときどき写真の撮り方のことなんかを聞かれると、このことをいうときもある。別のことをいうときもある。
写真を撮るときに大事なのは技術なんかより、心構えのような気がします。
本当はこういう写真はすぐ捨てるのですが、これはこれできれいだなと思って捨てるすんでのところでやめました。


f0130980_12385823.jpg



それから中野のフジヤカメラ。日曜日、仕事で使う新しいカメラを買いました。
レンズが壊れたことは先日書きましたが、それを期にカメラのランクもあげることに。
そのうち今メインで使っているボディーも壊れると思って。すでにシャッターおかしいし。シャッターを修理しようか迷ってはいたのですが。
銀座の取材中に壊れた瞬間、私の中でも何か意識が変わったんだと思います。
これはもう新しいカメラを買おう、そう思いました。
ちなみにうちに帰れば似たようなレンズを持っているので、レンズを新しく買う必要はとりあえずないのです。
ただ、その日の取材、二軒目以降で不便な思いをしただけ。

フジヤカメラは中古カメラで有名なお店ですが、新品を。
驚いたことに、って私が驚いただけなんですけど、ヨドバシカメラやビックカメラにも同じカメラのボディーの価格を聞いたのですが、フジヤカメラがダントツで安かった。
4・5万違うんです。大きな差です。
私のような者の強い味方ですね。中野バンザイ!という感じ。
写真データ用のメモリーカードも、かなり安く売っている店が中野にはあるようです。8Gのやつとか。
店、外観撮ろうって思ったんですけど、ちょうどおばちゃんたちが井戸端会議を始めて一向にいなくなる気配なし。ということでそのまま撮影。
楽しそうです。こういう写真も悪くないような気もしてきます。(笑)


f0130980_12392945.jpg



この日のお昼は、長崎ちゃんぽん。
もう3時くらいになっていてどこもランチタイムは終了。
そういう時間関係なくやっている店、いくつか入ってみたいところへ行ってみましたが、どこも3時だというのに並んでいる・もしくは満席ではありませんか。
ということで、たまにはリンガーハットの長崎ちゃんぽんを食べました。
たまには、というかもしかしたら私は初めて?子どものときにきっと入っているのですが、覚えていません。
長崎ちゃんぽんは三軒茶屋に有名なお店があってそこで住んでいるときに食べて以来。だから数年振り。
長崎ちゃんぽんを家族で食べた記憶はあるので、やっぱりリンガーハットも入ったことあるかも。
いろんなこと子ども時代の細かいことを忘れて、まったく親不孝な娘です。


さあ、新しいカメラで沢山働きますよー。
今日はちょっと長くなっちゃいましたね。
少しずつ形は変化していきますが、
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by makishiozawa | 2008-04-17 12:46 | お知らせ