Top
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧
ハロウィン
f0130980_20335131.jpg

ハロウィンもここ数年か十年くらいか、季節感の中に取り入れられている感じします。
こちらの写真は新宿でキャノンにカメラの掃除をしてもらったときに見かけて撮ったもの。
至るところにかわいいカボチャ飾ってありますね。

私の暮らす江古田でも週末に商店街のパーティーのようなものがあり、こどもたちがいろいろ仮装していました。
カボチャの格好やら妖精の格好やら。

ハロウィンといえば、高校生のときたまたまこの日に高田馬場のサブウェイに行ったら店員さんがみんな仮装していて、ポラロイドで記念写真を撮ってもらったこと思い出します。今でもどこかにしまってあるはず。
確かあそこのサブウェイは、もうなくなってしまいました。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-31 20:33 | 日々
31,Oct,2007 手作り春巻き
f0130980_12273850.jpg



日曜日、うちで春巻きを作りました。
豚肉と、しいたけ、たけのこ、春雨が入っています。
以前ベトナム生春巻きを作ったことはありましたが、日本の春巻きは初めて!
とってもおいしくできました。
これはまた近々作りたい!
写真はいつもの撮り方だとあまりに色が悪かったので、不本意ながらストロボをたいて撮っています。
美しくない写真でスミマセン。(笑)

昨日は、写真に撮らなかったのですが、久しぶりにタイ料理を。
パッタイと、トムカーガイを作りました。
パッタイはタイの焼きそばで、トムカーガイはトムヤンクンが赤いスープなのに対し、ココナッツベースの甘すっぱいほんの少しだけ辛い真っ白なスープです。
こちらもとてもおいしく出来ましたが、写真は撮らなかった。
余裕のあるときに、きれいにまた写真に撮りたいです。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-31 12:39 | たべもの
バリ島-62 Villa Kubu,Seminyak2
f0130980_1391085.jpg



前回の続き、それぞれのホテル頑張ってインテリアにも凝っていてステキな部屋作りをしているのですが、こういう絵を飾っているところは珍しかった。
ステキだったので、絵のある風景と、絵そのものを撮影しておきました。


f0130980_139237.jpg



料理を二品くらい撮らせてほしいという話をして、ナシゴレンとサテーを撮ろうかなと言うと、
それぞれを定食?プレート!のかたちにして持ってきてくれた。
イメージとしてはナシゴレンのプレートの横にサイドメニューのサテー(細長い皿)という感じだったのだけど、せっかくきれいに盛ってくれたので別々に撮る。


f0130980_1393730.jpg



f0130980_1394975.jpg



泊まっていってほしいと言われたけれど、もう滞在先は決まっているのでと丁重にお断りした。
それじゃあ、次に来たとき泊めてくださいねと言っておいたけれど、きっと忘れちゃうだろう。
泊めてくれると言ってくれていて、泊まっていなくてきっともう忘れちゃっただろうっていうホテルがあちこちにある。
この気軽さ、おおらかさが東南アジアの魅力のひとつでもあります。
まず日本系のホテルではムリなお話でしょう。

遊びでバリ島へなかなか行けなくて、残念。


f0130980_1310391.jpg



部屋の池には飾られた絵と同じような鯉が沢山泳いでいた。
統一した考えあってのインテリアなのですね。

今回の撮影じゃないけれど、カエルが驚くほど繁殖してしているホテルも以前あった。
私はカエル好きだけれど、大量にいたためあれは日本人女性にはきっと受けは悪いぞ、と思いつつ、多分飼っているわけではなくて自然繁殖なのだろうと思い、何も言わないでおいた。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-30 13:29 | 旅のこと1-バリ島
散歩中に
f0130980_21325141.jpg

先日散歩中に見かけた工事中の現場の囲いのイラスト。
フルーツのなる木、かわいいです。

時間がある場合、気になるとすぐにケイタイで撮るようにしていますが、最近デジタルのコンパクトカメラほしいです。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-29 21:32 | 日々
バリ島-61 Villa Kubu,Seminyak
f0130980_13261318.jpg



今回の取材中、あるリゾートグループの方がホテル滞在中に本社から挨拶に来てくれたことがありました。
リゾートの取材交渉は、ホテルの現場に直接することもあれば、別に本社などヘッドオフィスがある場合そういうところとやりとりするので、実際ホテルに取材へ行っても、やりとりした相手がいない場合もあるのです。
そこで本社から来てくれたのです。そのヘッドオフィスとは2001年頃からやりとりしていて、東南アジアにしてはと言っては語弊がありますが、かなりしっかりと対応してくれるところです。
その時に、別のホテルの方が是非うちのホテルにも来て欲しいと資料やら名刺やらを渡してくれました。
バリ島のリゾートは全体的に大きく落ち込んだ時期がありました。それでつぶれてしまったところも沢山あったようです。
状況は持ち直し、みんな一生懸命お客さんが来るように工夫したり考えたり、改築したり彼らなりに努力しているのだと思います。
スケジュール、結構タイトになってはいたのですが、せっかくなので最後に時間が数時間あったら撮影しようと思っていて、訪れたのがここ。
買い物へ行く時間は減ってしまいましたが(笑)、撮る時間あるなら撮りたいなと思いました。
次回バリへ行ったら、もう少し買い物もしたい!


f0130980_13262843.jpg



f0130980_13264195.jpg



f0130980_13265525.jpg



f0130980_1327171.jpg



f0130980_13273073.jpg



次回ももう少しここの写真を。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-28 13:42 | 旅のこと1-バリ島
Jelly
f0130980_23212920.jpg

もらったゼリー。
懐かしい昔ながらのパッケージ。
色合いもデザインも好きです。文字のかたちもかわいい。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-27 23:21 | たべもの
26,Oct,2007 ヨーロッパに思いを馳せる letter from Vienna
f0130980_743314.jpg



少し前、Wien(英=Vienna)に住むオーストリア人の友人からメールが届きました。
私は便りが好きで、頻繁に会わなくても手紙やメールの存在を忘れないように生活しています。
その手紙人生の中で、幾度となく感じるのは絶妙なタイミングに便りは届くということ。
出す人にとってはなんてことはない表現でも、その言葉が人を少し救うことは多い。
今もまた、ひしひしとそういったことを感じています。
このWienの友人以外にも、これまでの東南アジアの本を買ってくれた方や、インタビュー記事を見てホームページを見に来てくれた方など、知らない人から2通のメールが届いてそれらは少なからず私を救いました。
それからカンボジアに住むカンボジア人の友人は、数日前その日の朝に見たというアンコールワットの朝日の写真をメールに添付して見せてくれました。
それだけでなく、やはり普段からの人とのつながりの大切さを普段以上に感じています。
特別何かを具体的に話していなくても、その存在自体が私にとっては大きい。
そして何よりも自分の存在の小ささを、感じています。それはもちろん最初からわかっていることですが、なおさら。

数週間前仕事で少し問題が起きて、その問題は私を、自分の仕事について徹底的に考える時期に持っていきました。
あのときにもっとああすればよかったとか、あの時期は少し遊びすぎたとか、こういう形で考え続けても仕方がありません。
でもこういう風に考える時期が持てたことはいいことなのだと思います。
今考えていることを後ろ向きにではなく、前向きに抱えていきたい。
14で写真を始めてからいつも私の傍らにはカメラがあって、いつしかそれが当たり前になっていたけれど、今また改めて自分が写真を好きだと感じています。

私がWienへ行ったのは1999年、この年に2度。9月と12月に。
この手紙をくれた友人とは1度目の滞在のとき、市街地から空港へ向かう列車の中で知り合いました。
その直前、私はこのWienの地で5年付き合っていた恋人と別れLondonへ帰る飛行機の日程を変更するために、空港へ向かっていたのでした。
そこで同じボックス席に座り何気なく話し始めたのがこの友人です。
誰も知り合いのいないその地で、何も知らない人だったから何もかも話したのかもしれません。
私たちは再会を約束し、私は数時間後にそのときに住んでいたLondonへ帰ったのでした。
私にとってこの町はそういう特別な場所です。
沢山沢山涙を流した場所。

それから冬に再び今度は日本人の友達とヨーロッパを4カ国周ったときは、仕事のときのように大量にではないですが写真も撮りました。
今見ると、ちょっと今よりも下手だなぁとか思うんですけど、それも含めて大事な写真。
バリ島の写真が終わったら、やっぱりヨーロッパかなと考え始めています。

答えなくてはいけない機会があって、なぜ写真を撮るのかとか、自分にとって写真は何かということも考えているんですが、少しずつ自分なりの答えを見つけていきたい。
答えは沢山あるのだと思います。
今は、心のある人間だからこそつくることのできた表現方法なのではないかなということを考えています。
心をこめて撮れないなら、私は撮らないほうがいいって思っています。


f0130980_7431746.jpg



友人のゆるしを得て、メールの一部を引用します。
やりとりはいつも簡単な英語です。

Dear Maki,
I love your pictures, and I am proud of having met you. On your Website,
under SCENES there is a map, and there are points. One of the points
might be Vienna, but still "under construction".
Do you shoot pictures here in Central Europe?

この質問に答えるためにも、まだプリントしていないヨーロッパの写真をいずれここに載せたいと思っています。
それからまたいつか、ウイーンにもロンドンにもその時一緒に行ったイタリアやチェコ・ハンガリーにも、写真を撮りに行きたい。
いつ行けるか、わかりませんがそのいつかがとても楽しみです。

私にとって写真は、時間を取り戻す力も持っています。
写真があると、自分がそこへ戻ることが出来る。
もうしばらくしたら自分の心を半分、ヨーロッパへ戻したいと思います。

”会えてよかった”と言ってくれる人がいることは嬉しい。



今日の写真はどちらも東京で撮ったもの。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-26 09:16 | 日々
バリ島-60  Candi Dasaの町へ夜に出る
f0130980_1058090.jpg



日中はホテルの中で撮影。ホテルの正面がすぐにビーチなのでホテルから出る必要なく、一日撮影を続けていました。
夜になって町へ。
必ず私が寄りたいのはスーパーマーケット。
地元の人たちが利用して、買い物する場所の価格を知ることにも興味があるし、日本では見慣れないかわいいものや面白いもの、いわゆるハートを打ち抜かれるものに遭遇する確率が高いから。
買うか買わないかは別問題として、この片目つぶったままパッキングされてしまった人形に惹かれて撮影。


f0130980_1058169.jpg



この町は小さな町で、観光地ど真ん中に比べ、お店の数も少ない。
スーパーマーケットも小さかった。


f0130980_10582930.jpg



中も撮りたかったので、店員さんに聞いて少しだけ撮らせてもらいました。
なかなか混雑していて、レジにはみなさん行列。
その隙を狙って。
私は気になったパッケージのかわいいお菓子や、日本ではあり得ないイカした文房具など買いました。


f0130980_10584378.jpg



古本屋さんもありました。
ほとんどが欧米人の持ってきただろうペーパーバック。


f0130980_10585732.jpg



この日、夜の食事はホテルの外ですることに。
もう料理の撮影も済ませたし、味も確かめたからいいのです。
情報系ガイドブックを頼りにしない旅の場合でも、比較的美味しい店を見分けるコツは簡単。
お客さんが入っているお店を選べばよいのです。
オフシーズンということもあり、ここ以外のレストランは結構ガラガラでした。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-25 11:14 | 旅のこと1-バリ島
朝の新宿
f0130980_19333678.jpg

朝8時半のバスで箱根へ。そして今さっき江古田に戻ってきました。
なかなか長い一日でした。

今朝の空は何かで塗ったみたいにキレイ。
新宿西口。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-24 19:33 | 日々
バリ島-59 バリの海へ Bali Beach Book
f0130980_11322579.jpg


(Bvlgari Hotels and Resorts Bali-pool and ocean in the afternoon,Uluwatu)


間もなくバリ島の本が発売になります。
どうぞよろしくお願いいたします。
詳しくはまた改めて、こちらでご紹介します。
これまでにご紹介した写真を含め、1000枚くらいの写真が入っています。
表紙はこの写真。私の中でもこの光景を幸運にも目撃したときに、撮りながらこれが表紙かもしれないと思っていました。
傾いた太陽の光がガラスのライトホルダーに反射して、太陽の正面にもうひとつ太陽が生まれたかのようでした。

こちらでずっと続けてきたバリ島の写真も、だいぶ終わりに近づいてきました。
あと少し、よろしかったらお付き合いください。

それからここ一週間と少し前から、自分の仕事のことなどをいろいろと考え直したりしています。
もちろんきっかけがあったわけですが、私にとっては結果的にいい機会なのかもしれません。
しばらく、このページがこれまでと比べると言葉少なになるかもしれませんが、写真はこれまで通り毎日載せていきます。
もちろん、これまでのように長すぎるくらいに文章を書く日も、普通の日も、いろいろあると思います。
どうか、そういう時期なんだ、とご理解していただけると嬉しいです。
いつも見に来てくださって、心より感謝しています。

明日は、箱根で旅館の撮影!
楽しみです。
[PR]
by makishiozawa | 2007-10-23 11:49 | 旅のこと1-バリ島