「ほっ」と。キャンペーン
Top
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
31,Mar,2007 カメラを持つ日々
f0130980_22554667.jpg


昨日の夕方は空がとてもきれいでした。ちょうど住む町へ戻ってきたところで、絶妙な色だったので撮影。江古田の駅の近くです。
撮影の仕事でない日も、なるべく毎日一眼レフカメラを持って出かけています。カメラを持たずに出かけると、ああ失敗したと思うことが多いからです。お昼とかちょこっと出かけるときもケイタイはなるべく持って行きます。昨日は三脚を持っていなかったので、手持ちで撮影。本当は三脚使ったほうがよいです。だから本来の自分の撮り方はしていません。それにしてもデジタルカメラは感材費的にもとっても負担が軽い。
撮ろうかどうか迷ったとき撮るのをやめてしまうと、何年も撮らなかった場面を覚えていることがあります。なるべくそういう思いはしたくないのです。そういう気持ちで過ごすことを思うと、カメラも大して重くは感じません。
どんな理由があろうとも、撮ろうかどうか迷って撮らなかったっていう写真が一枚もないような、ストイックな写真家になりたいです。でも私は、撮ったことで人が嫌な思いをするような写真は撮りたくありません。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-31 23:18 | 日々
30,Mar,2007 はんこロータス
f0130980_8264621.jpg


ハンコは、中学生のときから集めていた。手紙やカードに押したり、ノートに押したり、大活躍であった。同時にシールも大好きで。女のコはそういう人多いんじゃないかと思う。
このハンコは最近しょっちゅう使っているお気に入り。無地の便箋か封筒に押すことが多い。

何年も前から気になっているハンコ屋さんがいて、聞いたところその人は店を持っておらず骨董市などでしか会うことができない。上の写真はその人から買ったもの。
この人に近々取材を申し込もうと思っている。
こういうハンコはネパールで買ったことがあり、ネパールのものを売る日本の雑貨店でも売っているので、恐らくこれもネパールで作られたものなのではないかと推測する。
正直言って、ネパールへ行ってネパールの値段で雑貨を買うと、もう東京の値段で買うのはばかばかしくてとても買う気になれなかった。数年前から沢山使っている人を見かけた美しい色のウールの大きなストールも、私は10年前に約600円で買ったが東京では3800円とかで売っている。でもネパールへは飛行機で行くのに14万くらいかかったし、遠いし、これが商売の仕組みだから仕方ない。と最近思うようにしている。

f0130980_1014721.jpg
話が少しずれてしまったが、今年の初めに東京でこの人からハンコを買って、私のハンコ熱がひさびさに再燃した!比較的良心的な値段なのではないかと思って買うことにした。大好きなロータスモチーフ。
木でできているのでインクが染み付いてしまうのだが、最初はこのグリーンティーと名の付いた色ばかりで使っていた。最近はパステルカラーとか、気分によって色を変えて使っている。色でだいぶイメージが変わって面白い。
写真に撮ったインクは100円ショップで買ったもの。パッケージデザインが昔っぽくてかわいいし、大きくて使いやすい。100円ショップのものでも十分いいのだけれど、やっぱり微妙な色は100円では買えない。”グリーンティー”とか”オールドローズ”とか、”チョコレート”、”マウンテンレイク”など、ステキな響きの言葉で名づけられていると、ついつい幾つか買ってしまう。
自分で作るハンコにも興味があって、近々挑戦したいと思っている。不器用なので、簡単な柄を彫ってみようと思う。

このハンコ屋さんを取材させてもらえたら、また東京の本の中でご紹介できるといいと計画中だ。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-30 10:22 | 日々
近づけるさくら
f0130980_1382074.jpg

そろそろ桜の咲いた頃、身近な場所で桜に近づいて撮れるところはないかと探しながら歩いていたら、ありました。幹から直接咲いているところが。
花に近づいて撮りたかったのです。
ケイタイでもキレイに撮れたけれど、本当はもっと寄りたかった。これ以上近づくとピントが合いません!
近々、カメラを持って撮り直しに行こう!去年とは違う桜が撮りたいなと思って。

お花見ピクニック、今年はどこへ行こうかなと考え中。
行きたいところが沢山あって困ります。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-29 13:08 | 日々
29,Mar,2007 夜の料理
f0130980_10251344.jpg


数日前、夜ごはんに恋人がターメリックライスを炊いて、私が牛肉とパプリカを使うホワイトソースのストロガノフを作りました。パプリカはオレンジ色のものを使って。
小花で縁取られた白い皿に載せて、食べ始めてからキイロのターメリックライスとパプリカのオレンジの組み合わせキレイだな~と思いました。
写真に撮ってここに載せたかった!
でも私、夜に料理の写真を撮るのがあまり好きでない。(笑)正確に言うと、自然光で料理の写真を撮るのが好きなのです。そのほうがずっと美味しそうに見えるから。
かといって日々の夕飯を、ライトを持ってきて光を気にしてや色を気にしてやと撮影していたら、美味しいごはんができたてでなくなってしまう。仕事で撮っているのでないのだから、おいしくなくなっては意味がない。でも自分たちが作っている料理のことを考えると、写真に残すならやっぱり一番は夜ごはん。
というわけで、今度また同じように週末のランチにでも作って写真を撮りたいな、と思いながら食べたのでした。次はサフランライスにしようか!とか言いながら。
昼に撮りたいもの、昼にしか撮れないもの、夜に撮るときれいなもの、夜にしか撮れないもの、ありますね。

ちなみに、昨日の夜ごはんは一人だったのでコンビニのパン。
本当はカンタンなパスタを作ろうと思って材料を用意していたのだけど、大好きな友達とひさびさの長電話をしていたら電話を切る頃には料理をする余力無し。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-29 10:37 | たべもの
28,Mar,2007 かわいいコーヒーセット
f0130980_70680.jpg


昨日の話を書いてから、かわいいコーヒーセットはどこに売っているだろうか?となんとなく考えていたら、かわいいコーヒーセットの写真、持ってた、持ってた。写真だけね。
朝データ探して、パソコンに戻しました。
昨年取材させていただいた、カフェのディスプレイです。
この写真はボツになった、ひのめを見なかった写真。ディスプレイ全体のカットが使われるだろうと思いつつも、かわいいからこのカットも撮っておくことにしたことを覚えてます。
最高にかわいいけど、ちょっと高そう。ミルクピッチャーまでついてるし。
紅茶淹れるのとかに、実際使えそうですね。かなり小さかったから使えないのかな?
撮ったとき聞いてみればよかった。
きみどりのテーブルクロスとかで使いたいな。

そういえば20代前半の頃、二つ年上の友達のうちへ遊びに行ったとき「葉っぱの上のてんとう虫モチーフが大好きなの」と持っている色々のてんとう虫グッズを見せてもらったことがあるけれど、それ以来、私もてんとう虫に注目するようになった。
てんとう虫モチーフはかわいい。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-28 08:10 | 日々
27,Mar,2007 小さいたまき
f0130980_11262250.jpg

二つ下の妹には、来月3歳になるたまきという娘がいる。
子どものいない私には、小さい子どものかわいさみたいなものってはっきりとはわからないものだった。この人が本当にかわいい。

たまに顔を出す実家で会うことが多いのだけれど、いつもうちの中で遊んでいたので、ある日近くの公園へ行こうと誘ってみた。
公園まで手をつないで、入り口から少し階段を登る。その先に、多分小さなたまきにとっては限りなく広い土が広がっている。そこへたどり着いたときのたまき、両手を広げて、うわーといって走り出す。その場面は、世界にはこんなに広い場所があったんだ!っていうような、生きている喜びを実感しているような、そんな風に見えた。もちろん実際は、たまきにとってその公園は初めて行く場所ではない。
大人は一度行けば、その公園が広いことも知っているし、大きな木があってももっと大きな木を見たことがあるから驚かない。大人は生きていることに慣れている。
でもたまきにとっては違う、行くたびにそこに立っている喜びが体から溢れ出してくるのだろう。

私がまつぼっくりを拾ってあげると、それを生まれて初めて見たたまきは、一生懸命発音しづらいその名前を覚え、いくつもいくつも拾っていた。
そして帰宅したあと、そのことをとても嬉しそうに、私の父に話していた。
カメラも携帯電話も持っていなかった私は、妹の携帯電話でその場面を撮影した。
下は昨夏、たまきの母である、私の妹とたまき。たまきはいつも妹に守られている。
自分を守って、いつも味方してくれる人がいる、それほど幸せなことはない。


f0130980_11293155.jpg


最近のたまきのブームは、ステンレス製の計量カップをコーヒーカップに見立てて、コーヒータイムごっこ。コーヒーを入れたり、飲んだり、お代わりしたり、こぼしたり、それを拭いたりするフリをする。
私をはじめ周りの大人がコーヒーカップやマグカップでいつもコーヒーを飲んでいるのが、羨ましかったに違いない。コーヒーを飲んでいるフリをするたまきは、とても満足そうな表情を見せる。
この間たまきと話していて、ふと大きくなったら何になりたいか聞いてみた。2歳の終わりでどんなことを想うのだろうと思って。
大人になりたい、そう答えた。
一緒に遊んでいる、私よりずっと自分が小さいことが不思議なのかもしれない。
私のことはマキ、と呼ぶ。

4月の誕生日に何を贈ろうか考えているところ。
どこかに小さくてかわいいコーヒーカップのセットが売ってるといいな、と最近思う。

たまきは私の一番小さなともだち。
また今度晴れた日に公園へ行こうと約束している。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-27 11:44 | 日々
バッテリー入荷スル
f0130980_1513522.jpg

先週半ば、ケイタイのバッテリーがやっと届く。
これでもう躊躇することなく撮影できる。ウェブ上では携帯電話も立派な戦力。(笑)

この写真は事務所の近く、大通りを挟んで商店街があったので、良い店がないかと見て回ったときに撮影したもの。おそばやさんのショウウインドーの中。
一度は素通りしたが、あまりに綺麗に光が差していたので戻って撮影。
面白いと思って撮影したけれど、よく考えたら面白くはない。
どういう理由でかはわからないけど死んでしまって、そのあとに剥製になりメイド服を着て、ざる蕎麦を持ち続けるなんて、切ない。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-26 15:13 | 日々
25,Mar,2007 ブルーベリーの木の話
f0130980_176822.jpg

久しぶりに東京に沢山の雨が降って、いつもはじょうろから決まった量しか水をもらえないうちの植物たちも、今日はめいっぱい給水したんじゃないかと思う。

先日うちのベランダに、新しい木が仲間入りした。
昨年の夏、取材で訪れ知り合った農家の方が、2月になったらブルーベリーの木をくれると言っていた。私はそれがとても嬉しくて、その言葉に遠慮なく甘えることにした。
小川さんは練馬区でぶどうと、ブルーベリーを育てていて、時期になるととても立派な果実を収穫して販売している。ブルーベリーの木々はぶどうの蔓の下ですくすくと育っているのだ。

f0130980_17102713.jpg

てっきりいただけるのは苗のような、小さいものだとばかり思っていたら、小川さんは自分の畑から3~4年育てていたという木を一本抜いて、私にくれた。
ぶどうも育てるか?と聞かれたけれど、借家の我が家ではぶどうは到底無理。大変なことになってしまう。とても大きく育つから。ぶどうを育てる力がないこと、残念だ。
  f0130980_17113385.jpg
ブルーベリーの木は太陽と水が大好きだということ、それから今年は地面から抜いてしまったから実はならないだろうということ、もし実がなっても木が新しい土になじんでいない今年は取ってはいけないということ、などなど育て方をしっかり教わって、我が家にやってきた。
冬の時期は裸だった枝に、ピンクときみどりの混じった新しい芽ができて、それが少しずつひらいている。
今日みたいな雨の日があると、数日後には不思議とどの植物も育っているのに気づく。
きっと雨の日ばかりでもだめ、晴れの日ばかりでもだめなんだろう。何事もバランスが大事だと、もの言わぬ木から学ぶ。

f0130980_1712370.jpg


今年うちで収穫ができないのは残念で、何年も待つのはもどかしいけれど、いつかジャムを作れるくらい収穫できたら嬉しいな。
大切に育てます!
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-25 17:41 | 日々
25,Mar,2007 栗クリーム
f0130980_10581476.jpg

先日、吉祥寺で買ったマロンクリーム。ちょっと季節外れだったからか、安くなっていた!
半分は瓶がかわいくて買いました。小さい栗のイラストもかわいい。
このシリーズ、赤いギンガムチェックの蓋のものはよく見かけます。
うちにもひとつ、チェリージャムの空き瓶があります。
これからどうやって使うか考えます。まだ開けていないので、味がわからない。
原材料には砂糖、栗、バニラと書いてあります。
お菓子を沢山作る人なら、すぐに活用法思いつきそうなんだけど。
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-25 11:12 | たべもの
24,Mar,2007 バリ島の写真
f0130980_816396.jpg

バリ島の写真を載せます、と言ったきり載せていません。
大量の写真は、まだ自宅のパソコンに入っていません。
もう少ししたら、日々の写真と交えながら、旅の話も同時進行で進めて行きたいと思っています。
ただいま準備中です!
日々の些細な写真や出来事も、旅先でしか撮れない写真も、同じくらい私にとってはいとしいもの。
絵の描けない私にとって、写真を撮るということは大事な大事な手段です。
デジタルで撮った写真を日々アップしながら、徐々に過去の写真も整理して、ゆくゆくは大量のそれらも載せていけたらと思っています。
自分自身でも見るのが楽しみなのが、ロンドンに住んでいたときに友達と旅をしたときの写真。1999の冬。
北イタリアの友達の家での滞在や、チェコ、ハンガリー、オーストリア、まだポジのままプリントにもしていない写真があります。
だいぶ先になるとは思いますが、こちらも是非見に来てくださいね。

本日の写真も、帰ってきたときと同じ、バリ最後の日、カメラに入っていた写真から。
バリで撮った写真、全部パソコンに取り込むのに5時間以上かかりました。
これには驚いた。重いんだなー。
一番上の写真は、クタの外れにあるマングローブ情報センター。入り口付近。
マングローブって、私はてっきり木の種類の名前だと思っていましたが、違うようです。
状態を指すそうで、これに分類される木は沢山あるそう。

f0130980_822145.jpg

最後の日、滞在して撮影したハリスリゾート。
隣のサヒドバリという老舗ホテルの半分を買い取って、欧米人が中心になって新しくポップに生まれ変わらせたそう。至るところにオレンジ色をあしらっています。
撮影後、オランダ人のGM(ホテルマネージャー)とお話しましたが、これから日本人にもっと来てもらいたいので、働きたい日本人がいたら紹介してくれないか、と言われました。日本人スタッフは今のところいませんが、日本語を話せるインドネシアンスタッフは沢山います。

f0130980_8235186.jpg


f0130980_8241188.jpg


そこで気に入ったのが、このニース風サラダ。おいしかった。これでサイズ小。
このサイズ大を前の日の夜ごはんに食べて、かわいいサラダだったので、翌日撮影しました。
うずらのタマゴがいくつも入っていましたが、これがなんとなく普通のゆで卵よりうれしい。
オリーブも大好きです。また食べたくなってきました。
今度思い出して作ってみよう!
[PR]
by makishiozawa | 2007-03-24 08:41 | 旅のこと1-バリ島