Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:人物/青空1日写真館( 11 )
●青空一日写真館のこと (長文です)
f0130980_18323025.jpg



いずれ旅します まずは都内を

いつしか、本をつくる仕事とは切り離したところで、
人の写真ももっと撮りたいな、そう思うようになっていました。
私は大学時代一年に一度バックパックで旅をするようになって、旅行のカメラマン(正確にいうと、トラベルフォトジャーナリスト)になりたいと思っていました。そして旅の仕事には今に通じるすべてが詰まっていました。
旅写真は、建物とインテリア(ホテル)、風景、自然、人、食べ物、それから実際に旅したときの近寄ってものを見た目線、これらが必要な仕事でした。それから、私は時間の流れをどうやって表現するかにも気を遣っていました。限られた紙面で、いかにその場所を魅力的に見せるかに、注力しました。
東京近郊での仕事が増えて、東京のよさをふたたび見直す機会を得ました。
ロンドンに留学中も、アジアの国々への旅のあいだにも、よく東京を思い出しました。
故郷はその人にとっての原風景で、ルーツの秘密にも繋がる、大事な場所だと思います。
きれいなところでも、きたないところでも、見るからに魅力的でも、一見魅力が多く思えなくても、否定する生き方はあまり共感できない
ましてや、その地で生きていくことを決めたのなら。

それから、
私はいつのまにか、ずっと旅していたいと思わないようになっていました。

2009年のいつだったか、自分のホームページを見ていて、学生時代に人の写真も撮っていたことをふと思い出しました。
でも、モデルがいて、その人をいろんなコンセプトで撮るのは、もう、ちょっと自分の中で違和感がありました。
そういう仕事を増やしたいとも思っていなかったし。(もちろん頼んでくださる方がいればやりますが。笑)
作られたコンセプチュアルなものではなく、もっと自然な一枚を撮ることはできはしないかと、考えていました。
イベントのときなんかに写真館みたいなものができたらおもしろいな、そう思うようになっていました。
どこでも写真館になっちゃうみたいな感じの。
でも、そのときに私にできる場所は、写真展をやったりしたときしかないかもしれないなーとも。

記念写真を写真館で撮ると、数万円かかる。
これは高いと思う。
ネガ・ポジの時代ならまだしも、デジタルならなおさら。
だったら、無背景じゃなくたって、もっと気軽に撮れるものがやってみたいと。
もともと、私はシチュエーションを生かした自然光での撮影が好きなので、その手法で。

2010年の3月に、狛江にある古道具のお店houti(おうち)さんのイベント・昼市に参加させてもらえることになりました。
大丈夫かな~、本当に撮りたいと言ってくださる人いるだろうか。
実はとっても心配でしたが、頼んでくださる方いました。
とても嬉しかった。
それから6月に2回目。
まだまだ細々とやっていますが、写真館を楽しみに来てくださった方もいた。
とても嬉しく感じています。
たぶん次は秋の昼市、それから、自分でミニ写真展的なものができそうならば、そのときにもやりたいと思っています。少しずつ少しずつ。

そして先日初めて、出張写真館のご依頼もいただきました。
一番リーズナブルなのは、イベントの日に来ていただいて撮影するのです。
ですが、来られないけど写真は撮ってもらいたいという方もいる。
そういうご要望にも、できる限り応えていければと思います。

ちなみに、イベント時もそうでなくても、
お写真は1ヶ月お時間をいただいて、あとから郵送する方式です。

なお、1日写真館のときには、これまでに撮らせていただいた方々のお写真もご覧になることができます。
サイトには、許可を頂いた方々のみ、掲載しています。

昼市では定期的に年数回やらせていただいて、カフェやなんかでやる自分のミニ写真展のとき、
いろんな町でできたらいいなぁと思います。どこまでできるかわからないけれど。
そしていずれは、別の県なんかにも旅して写真館、できたらいいな~。カフェとかで。
これは私の淡い夢のひとつ。


ぜひ、記念写真を撮りたい方、まずは昼市にいらしてみてくださいね!
次は秋の予定ですー。

こんなふうに少しずつ、楽しいことを増やしていきたいです。


f0130980_18351749.jpg


(こちらの写真は、昼市の様子です)

いつもは自分で写真のサイズを選んで小さく軽くしているんですが今回、はじめて自動圧縮してみました。
写真大きいですね!しかも縦だけ。
[PR]
by makishiozawa | 2010-07-22 18:41 | 人物/青空1日写真館
#08.  houti(おうち)さん 昼市にて 20100328
f0130980_20252335.jpg



f0130980_20253988.jpg



f0130980_20255484.jpg



f0130980_2026569.jpg



f0130980_20262415.jpg



f0130980_20264065.jpg


(前回の昼市、オープン前。忙しく準備を進めるふたり。この日は曇りでした。
おふたりはずっと忙しくしていて、撮影できたのも日が傾き始めてからでした。)
[PR]
by makishiozawa | 2010-06-05 20:30 | 人物/青空1日写真館
#07. 9chaiR kayoさん 200907
f0130980_7594316.jpg



f0130980_7593571.jpg



f0130980_7595586.jpg



…昨日は、一日写真館どころじゃない混雑ぶりだったんですけど、そのお話はまた後ほど!
[PR]
by makishiozawa | 2010-05-24 08:02 | 人物/青空1日写真館
#06. 9chaiRの三人 昼市にて20100328
f0130980_2155516.jpg



今日、東京で9chaiRは閉店。
明日はこの三人が、一日イベントでお迎えしますよ。
私はこの場所で一日写真館をやらせていただきます。
くわしくはこちらか、こちらで。
経堂では、ロバロバカフェも、月和茶も、9chaiRも店じまいし、町は変わっていきますね。


f0130980_216428.jpg



f0130980_2162666.jpg



ふたりは鳥取に帰ります。


f0130980_2164244.jpg



f0130980_2165498.jpg



今日の写真は、狛江の古道具とお花のお店houtiさんにて開催された昼市にて。
この日は、青空一日写真館の一回目でした。
[PR]
by makishiozawa | 2010-05-22 21:16 | 人物/青空1日写真館
1996に撮った写真② ベトナム・ホイアン
f0130980_2352258.jpg



今日も先日大量に処分した写真の中から。
5/6付の写真同様1996年、ベトナムで撮った写真の紙焼きの複写です(コンパクトカメラで記録)。

この旅で私は英語を勉強することを決意
大学二年
まだ使いなれないマニュアルカメラで写真を撮りながら

言葉が通じなくてもコミュニケーションは成り立つんだということと、
言葉が話せたらもっとコミュニケーションができたのにということを、
同時に思う。

このあと、私は仕事で写真を撮ることを志すようになります。

このとき実は、一本撮影済みのフィルムを駄目にしてしまい、
きちんとカメラを扱えるようになろうと思いました。
まぼろしの36枚がこの旅にはあったのでした。
このことは多分生涯忘れられないことなのです。


f0130980_2353697.jpg



さらに時間が経って、言葉も私の表現には必要になりました。
[PR]
by makishiozawa | 2010-05-10 23:17 | 人物/青空1日写真館
1996に撮った写真① ベトナム・ホイアン
f0130980_1523179.jpg



今日は先日大量に処分した写真の中から。
1996年、大学二年のときにベトナムで撮った写真です。
懐かしい。
こちらは白黒で半切サイズ(新聞紙一面分サイズだったかな? 356x432)に自分で暗室で焼いたものを、コンパクトカメラで再撮影したものです。
コンパクトカメラなので歪んでますが。。
記録に。
捨てるための気休めです。

こういう昔の写真もときどき登場させようかな。

*
ブログは元に戻しました。
もしかしたら、ちょっとまた更新頻度が減るかもしれません。
がんばります!
[PR]
by makishiozawa | 2010-05-06 15:30 | 人物/青空1日写真館
#05. 美容室 私の髪型担当さん
f0130980_16265629.jpg



前回の続きで。美容室にて。
ずっと私の髪型を担当してくれているのは、この人です。
随分と長いこと、お世話になっています。
このお店の店主です。


f0130980_16271267.jpg



一緒に撮影した店内の様子。
人物写真ではないですが、おまけです。
このタイミングで載せずして、どこで載せる!という感じなので。
[PR]
by makishiozawa | 2010-03-25 16:32 | 人物/青空1日写真館
#04. 美容室の人
f0130980_1610211.jpg



f0130980_16101349.jpg



私がずっと通っている美容室のスタッフの方たちです。
美容室の方たちはそれぞれに、みなさんとてもおしゃれですよね。
韓国の雑誌のお仕事をしているときに、日本人の紹介をするページに登場してもらいました。
見開きで、左右に日本人の頁と韓国人の頁があって(この回なら韓国側も美容師さん)、なかなか興味深い企画だったと思います。


f0130980_16102854.jpg



f0130980_16103985.jpg



早朝撮影でした。
快くご協力くださったおふたりに感謝です。


つづく
[PR]
by makishiozawa | 2010-03-25 16:15 | 人物/青空1日写真館
#03. 妹とたまき
f0130980_9125752.jpg



これもいつか載せたことがありますが。
妹の娘たまきがまだ小さいときに実家で撮った写真で、私が気に入ってるものです。
たまきがまだ1歳とかのときかな。2歳かな。
[PR]
by makishiozawa | 2010-03-24 09:14 | 人物/青空1日写真館
#02. バリ島の人
f0130980_847524.jpg



バリ島の写真カテゴリーには載っているものなのですが、人物写真なので再び載せたいと思います。
私は、バリの言葉は話せませんが、なにか語りかけながら写真を撮るのは大事です。
英語でも、向こうはもしかしたら半分くらいしか意味がわからなくても、なにもコミュニケーションをしないで撮ったものとは全然違う写真になると思う。
写真を撮るときにコミュニケーションが大事だな、と思ったのは1996年・大学二年の初めてベトナムへ旅したときでした。
そしてもし、私が旅を続けるとしたら、その国の人たちを見たいって、そう思ったのを覚えています。


f0130980_8481577.jpg



f0130980_848542.jpg



f0130980_8482659.jpg



f0130980_935873.jpg



f0130980_94139.jpg



*
今日はもう、高田馬場での撮影を終えて、帰ってきました。
二軒はなかなか厳しかった。(時間が。急ぎ足という意味)
無事に終わってほっとしました。
今日は夕方六時からもまた打ち合わせのようなものがあるので、それまでは自宅で仕事。
…昼寝したくなりそう。
でも昼寝すると夕方出かけるのがおっくうになるので、このままがんばりたい。笑
[PR]
by makishiozawa | 2010-03-24 09:05 | 人物/青空1日写真館