Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:お知らせ( 82 )
お知らせ●ブログがVol.02になります。
●ブログがVol.02になります。

これまで読んでくださってありがとうございます。

新しいブログもぜひ、ごひいきによろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓
http://maki02.exblog.jp

ツイッターも始めました。
塩沢 槙 @makishiozawa
[PR]
by makishiozawa | 2014-12-31 13:30 | お知らせ
お知らせ●新刊『明日へのしょうゆ すべてをなくした蔵元の、奇跡の再生物語』が発売になりました。
f0130980_732959.jpg


お仕事>>【新刊】 3月6日、拙著『明日へのしょうゆ すべてをなくした蔵元の、奇跡の再生物語』がマガジンハウスより刊行されました。
私にとっては、初の長編ノンフィクションです。

2011年3月11日、日本で暮らす全ての人が、私たちが平穏とか普通と呼ぶ日常が当たり前のことではなく、また生きているということが、かけがえのないものなのだと知りました。
この日の出来事は他人事ではなく、多くの人は、いつ自分がゼロになってしまうかなんてわからないという不安を、心のどこかに抱えながら生きています。
東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市に、ヤマニ醤油というおよそ150年続くお醤油屋さんがありました。創業当初からの各戸をまわる“御用聞き”という販売手法が、このお醤油屋さんの最大の特徴。
陸前高田の建物全壊数は3159戸。ヤマニ醤油はそのなかのひとつでした。この物語の主人公・四代目新沼茂幸さんは、このときの津波で目の前で、会社も醤油蔵も自宅も流されてしまいました。
私が取材したのは、このすべてを失ったところからの復活劇です。
絶望してもおかしくない状況の中、新沼さんは一度もあきらめませんでした。

人間は誰でも、生まれながらにしてとてつもないエネルギーを持っていることを知っていますか?
どんな苦境に立たされても、どこからでもやり直すことができると、知っていますか?
新沼さんは彼の人生を生きながら、私たちにそのことを教えてくれています。

私がこの本の中で描きたかったのは、震災の悲惨さではありません。ヤマニ醤油が教えてくれた、人は生きている限り、どんなところからでも果敢に立ち上がることができるということです。
私が最初にヤマニ醤油を取材したのは前作の『百年のしごと』(東京書籍刊)ででした。そちらは取材した20社のひとつとして、”仕事”を通して描いています。(こちらも是非読んでいただきたいです♪)
今回は、ヤマニ醤油の醤油造りに関わる7人のインタビューから構成されています。
岩手県滞在中は連日、アリナミンVや眠眠打破を飲みながら、早朝から夜中まで話を聞きました。
ある者は目の前で家族や自宅を失い自身も津波にのまれ、ある者は仕事場や大事に育てていたものを失い、皆、故郷の風景を失いました。
それでも誰ひとり、自分の人生をあきらめてなどいませんでした。
彼らにとってヤマニ醤油を失うことは、母の味、故郷の味を失うことでもありました。

表紙のイラストは、ヤマニの醤油ラベル。震災後ヤマニ醤油と陸前高田の復興のためにと、『アンパンマン』の原作者、故・やなせたかし氏が描いた”しょうゆ天使”です。ヤマニ醤油を知ってもらうための本として、今回このイラストを拙著でも使わせていただけることになりました。
しょうゆ天使は、震災でちりぢりになってしまった人々の元へ、高田の海を渡って故郷の味を届けています。
やなせたかしさんは、亡くなった今でも、こうやって多くの人々の力になっているのだと、私は感じています。
また本の中では、醤油の歴史や日本の醤油業界の現状など、私たちの食文化 ”和食” に欠かせない醤油自体についてのお話も取材し書いています。”しょうゆ”という言葉が使われ始めたのは、1521年のこと。醤油は当たり前に食卓にありますが、不思議な調味料です。

私のいま持つ、筆力のすべてを出し尽くし、執筆しました。
私にとっては生きるちからをもらえた物語でした。
書店で見かけたら、是非お手に取っていただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。 

*以上です*

『明日へのしょうゆ すべてをなくした蔵元の、奇跡の再生物語』
(マガジンハウス刊)176頁 定価1300円+税 (Amazonでも販売中☆電子書籍もあります) 
塩沢 槙・著
[PR]
by makishiozawa | 2014-03-11 07:35 | お知らせ
お知らせ●6/29 単行本『百年のしごと』が発売になります
f0130980_172580.jpg


今週末6月29日(土)に新刊が発売になります。表紙はステキなイラスト。中身は文章も写真もたっぷり、初のビジネス書です。
『百年のしごと』 東京書籍刊 定価1500円+税 192頁オールカラー
皆様、お気にかけていただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

【以下、はじめに、より一部引用】
『百年のしごと』を取材したいと考えたのは、過去を振り返るためではない。今を、未来を生き抜いていくヒントが、過去にあるのではないかと思ったからだ。(中略)時代はどのように変化したのか。今がどのようにつくられたのか。逆境に立ったとき、どのような思いが人を支え、乗り越えさせるのか。困難に打ち克てた理由は何か。(中略)本書は、明治・大正・昭和・平成と四時代を生き抜いた会社を支えた人間たちの、好奇心、情熱、エネルギー、喜び、悲しみ、汗、涙の記録である。

*
創業100年!こんな会社が登場します: 驚きのビジネスモデルで震災後に復活、陸前高田の醤油屋/新しい故郷づくりはもう始まっている、石巻のかつおぶし屋/隠し味は意外な調味料、カンロ飴のカンロ/湘南唯一の蔵元、熊澤酒造/日本で最初にいちご大福を作った和菓子屋/なぜ水戸が有名に?!水戸の納豆屋/マスキングテープのカモ井/トンボ鉛筆/東銀座の活版印刷/金鳥の蚊取り線香/国内シェア93%が兵庫県産、マッチ屋/埼玉の麦わら帽子屋/着物で日傘を作る、群馬の傘屋/足袋とストッキング福助/社員1200名、岡山県の学生服/ディーゼルエンジンのヤンマー/滋賀県の脱石油志向のガソリンスタンド/神戸の宝飾品店カミネ/避暑地のきっかけを生んだ軽井沢万平ホテル/会津若松の仏壇屋、保志/

※発売になりました※
[PR]
by makishiozawa | 2013-12-31 23:00 | お知らせ
お知らせ●新刊が発売になります。
f0130980_6375257.jpg

ケイタイからです。

明日、2月22日に新刊が発売になります。
またきちんと詳細はお知らせしますが、『農家かあさんのおいしい365日』という本です。
淡交社刊 定価1400円+税
農家を取材した読みものと、教わったレシピ90。
殆どオールカラーで、写真も文章も楽しめる、さらに使える本となっています。ヘルシーなお料理が沢山登場します。

全国の書店、インターネット書店にて発売です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by makishiozawa | 2013-06-26 23:37 | お知らせ
☆3/14~20 宝石箱ちゃんまつり・続報☆
f0130980_435370.jpg


2013年3/14(木)~20(水・祝)に、千歳烏山の喫茶宝石箱さん主催のおまつり、”宝石箱ちゃんまつり”ですが、行けたら初日と最終日に顔を出したいと思っています。
いまのところ、両日とも取材は入っておらず、どちらも夕方までになるかと思いますが、いる予定。
今の感じだと、取材は14日は入らなさそうですが、20日はまだ時間があるのでわかりません。
行けなくなりましたら、またこちらでお知らせします。
私がいなくても、期間中商品の販売はしておりますので、お近くの方気になる方は是非立ち寄ってみてください☆

主な著書の販売と、オリジナルのポストカード、それとできたらオリジナルのアクセサリーを・・と思っていて、週末に何回か集中して作ったら思ったよりも結構作れたので、こちらも販売予定。
20作るのを目標にしていましたが、まだ数えてないけどそれ以上は作ることができました◎

新刊『農家かあさんのおいしい365日』も持っていきますので、気になっていた方はぜひこの機会にご覧になってみてください☆
(売り切れてしまったらない場合もあります:注)

喫茶宝石箱さんは、喫茶店でおまつり期間中、気軽に立ち寄ってくださいね!注文しなくてもOKという寛大なスタンスのお店でありますが(こういうスタンス大賛成)、コーヒーが美味しいのはもちろん、クリームソーダーやあんみつなど楽しい昭和のメニューもありますので、せっかくなのでお時間ある方は是非ご注文を♪
私もなにを注文しようかと楽しみです。

*
ここのブログがもうほとんど容量オーバーなのですが、移行するタイミングが見つかりません。
ブログにいろいろ時間を割いている余裕なく。。
一度、昔の記事をごそっと削除して軽くしようかと考えましたが、昔の記事の写真を見たところ、削除は気持ち的にいやだな・・と思いました。
当分忙しいので、こちらのことは後回しになりそうです。
(もはや、新しく作っておいたブログのアクセスキーワードも忘れてしまいました。。笑)

*
近況はというと、ここ数日風邪の兆候があり、それを必死に治そうとしているところ。
絶対に風邪は引きません!
今週末からは、地方の取材も入ってきて、治す以外の選択肢ナシ!!です。


追記>>
☆☆☆在店情報☆☆☆
3/14 喫茶宝石箱(千歳烏山)に11時ころから午後2時か3時までいる予定。
3/20 未定
[PR]
by makishiozawa | 2013-03-11 04:24 | お知らせ
宝石箱ちゃんまつり に参加します♪
f0130980_16161654.jpg


千歳烏山にある、昭和文化大好き喫茶店・喫茶宝石箱さんにておまつりがあり、私も声をかけていただき参加します。
3/14(木)~3/20(祝)
詳しくは、リンク(お気に入りブログ内)の喫茶宝石箱さんのサイトにて☆

また私はお店に行けても3/20、この日も仕事の都合などで行けない場合もあります。
また決まりましたら、詳細は下に追記します。

単行本(著書)とオリジナルポストカード、オリジナルのアクセサリーを少々販売予定です。


f0130980_1616415.jpg


*
遊びに来てね♪
[PR]
by makishiozawa | 2013-03-05 16:23 | お知らせ
あけましておめでとうございます
f0130980_2161273.jpg


昨年は、こちらのページにお立ち寄りいただき、気にかけていただいてありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。
2月下旬にお料理・農業関係の著書、春ごろにはビジネス関係の著書が刊行予定です。
12月には、ほぼ一冊担当した藤森慎吾さんの本が発売になりました。
どうぞ、気にかけておいていただけたら大変嬉しいです。
詳しい情報(画像など)は、仕事がひと段落ついたらまとめて掲載します。
とにかくいま、一番欲しいものは時間です。。

*
写真は今年年賀状用に撮った写真のアップです。
しかも撮ったのが1月2日・・・。
まだ送り終わっていません。。。
[PR]
by makishiozawa | 2013-01-11 21:16 | お知らせ
お知らせ●単行本発売中
f0130980_17381564.jpg


2012年3月半ばに、単行本『手仕事で夢をかなえる女性たち』が発売になりました。
全国の書店、インターネット書店で取り扱っています。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

*
体裁は、モノの紹介の本です。最初に人物のポートレートが出てきて、どんな人が、どんなモノを作っているのか。出てくるものは、どれも美しい、かわいいモノたちです。
写真たっぷり、文章も長めの本です。
けれども、これはモノの紹介の本ではありません。
私が書きたいことは、好きな仕事をしてすごいね、とか、やりたいことをやっていてステキだね、ということではありません。
出てくる人々、それぞれの生き方、夢への近づき方の話。
ひとつのことを続けるということは、どういうことなのか。
そして、私の夢に対しての考え方を書いています。
夢の形はさまざま、小さな夢も夢、大きな夢も夢。いろいろあって、人それぞれ。
夢は簡単に叶わないことがあります。
そのことを、どう考えるか、を書いています。

私の中での企画の段階では『手に職の女たち』というタイトルで、自分の中に何年か前からあたためていた企画でした。
お手に取っていただけたら幸いです。

*
撮影・執筆: 塩沢 槙
発行・発売元:淡交社 
定価:1600円+税
ISBNコード:ISBN978-4-473-03811-1
サイズ・頁:A5判 144頁(カラー80頁)

●Amazon 『手仕事で夢をかなえる女性たち:ものづくりを生業にした24人の物語』(単行本)
↑↑ 「なか身!検索」ができます。ぜひご覧になってみてください!

*
<news>

①2012年4月15日『しんぶん赤旗』日曜版の「本と人と」のコーナーで、本の紹介と著者インタビュー掲載していただきました。ありがとうございます。

②2012年5月9日『読売新聞』朝刊・生活情報面、本の紹介のコーナーにて拙著を紹介していただきました。ありがとうございます!…

③2012年6月×日専門誌『月刊 水墨画』2012年7月号、新刊紹介のコーナーにて、拙著を紹介していただきました。素敵な記事を作ってくださって感謝。…

④2012年7月×日発売 雑誌『クロワッサン』7/25日号、最近出版された ぜひ おすすめの本 のコーナーにて、拙著を紹介していただきました。ありがとうございます!特集も手作りで、面白いです。

⑤2012年7月20日発売 雑誌『nid』24号にて、拙著『手仕事で夢をかなえる女性たち』を紹介していただきました。ありがとうございます!
『nid』(ニド)は、季節ごとに刊行されている雑誌で【ニッポンのイイトコドリを楽しもう】という意味だそうですよー。様々な日本文化について、毎回取材されています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こちらも発売中!!
f0130980_17345981.jpg


単行本『東京ノスタルジック喫茶店2 郷愁の喫茶を訪ねて』 河出書房新社刊  塩沢槙(写真・文) 
写真のたくさん入った読み物です。昭和の町の匂いが立ちこめる喫茶店33軒を取材。

ようこそ、昭和の街角へ
序章・昭和喫茶よ永遠に在れ!
第一章・戦争が終わったとき、僕は少年だった
第二章・やっと一生の仕事に出会えた
第三章・若いときから喫茶ひとすじ人生
第四章・夫婦で。いつだって二人だった
第五章・家族でいたからやってこられた
第六章・受け継がれていく喫茶の魂

*
「昔の写真を見せてください」そうお願いしながら取材をした。
それは時の経過の確認作業だった。少年だった人が老人に、赤ん坊だった人が立派な父親に、初々しい新婚さんだったふたりが長年連れ添った夫婦に、若い青年がすっかりベテランのマスターに、おじいさんの面影を持った孫が同じくらいの年齢になって、カウンターに立っていた。
(中略)
ノスタルジック喫茶店は、ただ空間が古いからノスタルジックなのではない。
30年、40年、50年と、人がそこで懸命に生きてきた蓄積と痕跡があるからノスタルジックなのだ。
人の想いなくして、郷愁は生まれない。
(「あとがき」より一部引用)

文・写真 塩沢槙/288ページ、1色、四六変形判・並製本
定価 1600円+税/発売・河出書房新社/発行・茉莉花社
ISBNコード・ ISBN978-4-309-90915-8 C0076


※しばらくの間この記事を上に置かせていただきます。
最新の日記はこの下に続きます。

*
[PR]
by makishiozawa | 2012-12-30 23:59 | お知らせ
岸本葉子さんの本 写真担当
f0130980_742221.jpg

ケイタイからです。

お仕事>>
8月上旬、エッセイストの岸本葉子さんの本が発売になりました。
二冊の単行本が新たに河出書房新社から文庫本に。
(『わたしの週末なごみ旅』)
私は『週末ゆる散歩』部分の写真撮影を担当しています!
岸本さんといろんな場所を散歩しながら撮影しましたが、とても楽しいお仕事でした。
吉祥寺の動物園など、よかったですよー。
(ゾウの花子がいたり、ちいさな遊園地みたいな場所があったり。)

書店へ行かれることなどありましたら、ぜひご覧になってみてください。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by makishiozawa | 2012-08-15 07:42 | お知らせ
お知らせ●雑誌『nid』で本を紹介していただきました
f0130980_2005228.jpg


7/20発売の雑誌『nid』 24号にて、拙著『手仕事で夢をかなえる女性たち』を紹介していただきました。
『nid』(ニド)は、季節ごとに刊行されている雑誌で【ニッポンのイイトコドリを楽しもう】という意味だそうですよー。
様々な日本文化について、毎回取材されています。
機会がありましたら、ぜひ書店などでご覧になってみてください。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by makishiozawa | 2012-07-27 20:03 | お知らせ