Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
バリ島-19 WAKA GANGGA
f0130980_7592688.jpg


(Restaurant,after the sunset-Waka Gangga,Tabanan)


午後3時過ぎにレンボカン島を出て、船で2時間。そこからさらに車で1時間ちょっと。次の目的地はやはりワカリゾートのひとつ、ワカガンガ。
以前、その日の夕刻どこで写真を撮るかということを決めておくと書きましたが、この日は移動の車の中で夕日を見ることに。キレイな夕日。見とれている場合ではありません、車の中で夕日を見ているというのはマズイ事態なのです。
この時間帯にどこにも三脚を立てていないというのは、非常にまずい。

ホテルに到着したのは日が暮れて数分ほど経ったとき。
すぐに出迎えてくださったマネージャーに、「ご挨拶はあとで改めて。今ちょっと一番キレイな時間帯だから、先に写真撮ってきます!」と言い残し撮影を始めました。
1泊しかしないので、この日を逃すともう夕刻の写真は撮れない。もちろんホテルの責任者は、私が撮影に来ることをわかっていたので、慌てまくる私を笑顔で見送ってくれました。
「どうぞ好きなだけ撮ってください!」と。
昼間の写真だけでホテルのページを構成すると、色調がどの写真も似て、なんとなく平坦で立体感のない感じになると私は思っています。なので極力宿泊してホテルの撮影を。
ホテルはただの建物ではなく、人がゆっくりと時間を過ごす場所だから。


f0130980_7594098.jpg


(calm night-Waka Gangga,Tabanan)


なんとか撮りたかった写真は撮れました。
初めて来た場所だったけれど、それほど大きくないホテルで助かった!
あとから考えると一歩間違えれば、大事な写真を撮り損ねるところでした。

このホテルは海辺にありながら、すぐ横には田んぼがあり稲を育てているという、とても変わった場所にあります。
周りはあまり観光地化されておらず、お土産やさんもすぐにはないけれど、とても静かな場所。
小説家がこもって原稿書きなんていうのが似合いそうな、仕事がはかどりそうな印象のホテルです。
休暇ならばただ何もせず、のんびりするのが好きな人向き。

撮影が終われば、私ものんびりボーっとします。
ここら辺りでスパでも行こうかと思ったら、スパスタッフすでに帰宅していました。
バリへ行くと、少なくとも一度はアロママッサージをしてもらうのが楽しみのひとつ。
[PR]
by makishiozawa | 2007-05-22 08:59 | 旅のこと1-バリ島
<< かわいいフルーツ画を前に バリ島-18 レンボカンから再... >>