Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
○東京ノスタルジック喫茶店77 純喫茶 丘(上野)-01
f0130980_193273.jpg



町がどんどん姿を変えていく中で、アメ横では魚屋が減っていき、靴屋や薬局のチェーン店が増えていった。かつてを知る人にとってアメ横は、ガードの中で貴金属とか洋服などの輸入物を売っている場所だった。昔はみな上野へそういうものを買いに来ていた。今ではそういう場所は珍しくなくなってしまった。だから町が変わってしまったんじゃないでしょうかね、と店主の三浦哲男さんは言う。

丘は御徒町駅前のすぐ目の前、上野・アメ横のど真ん中にある。抜群の立地ながら店が地下1・2階だからだろうか、街の変化とはかけ離れた落ち着いた佇まいの店である。三浦さんは父が始めた店を引き継ぐ二代目マスターだ。店は創業から44年が経つ。

「どうしても地下の店だから初めてのお客さんは入りづらいんです。中が見えないから。やっぱり一階のお店の方が入りやすいですよね。その代わり、一度来ていただいて気に入った方は何度も来てくださいます、落ち着くからって。
美味しいもの食べたいんだったら他にいくらでも店はあるじゃないですか。でも、食べたらすぐに出ていかなくちゃいけない感じのお店って当然多いでしょ。そうじゃなくて、食べて、コーヒー飲んで、のんびり休んでっていうのができるのがうちみたいな店の魅力ですよね。
昔はたぶん、飲み物とせいぜいサンドイッチくらいしか出さなかった、だから厨房も狭いんです。今はそれでは商売になりません。だから今は食べ物もそれなりに出していますし、お酒もビールだけは置いています。つくりは純喫茶だけど、厳密にはもう純喫茶ではないですよね」


チェーン店の持つ画一性とは正反対の、オリジナリティが個人店にはある。それも長年営業している喫茶店のデザインはおおむね昭和のインテリア・デザインだ。
こういう店が落ち着くだとか、好きな人は結構いるんじゃないかと思える。
それはやっぱり、昔ながらの淹れ方で淹れたコーヒーの味の良さだったり、新しいカフェとはまた違った昭和のインテリアやデザインも人を惹きつける力を十分に持っているということではないだろうか。
近年昭和懐古の傾向は、日本映画やテレビ番組の特集などでも頻繁に見られるようになったが、それは成長期を終えた日本が、全体的に目指すべきところがよくわからなくなった結果のようにも思える。
昭和生まれの私にとっては、昭和のデザインはいつまでも変わらずそこにあり、普遍的に愛されるものに思えて仕方ないのだ。


(単行本『東京ノスタルジック喫茶店』河出書房新社刊、より一部引用。)


f0130980_193205.jpg



f0130980_1933635.jpg



f0130980_1935078.jpg



f0130980_194112.jpg



f0130980_1942080.jpg



f0130980_1943749.jpg



f0130980_194461.jpg



f0130980_195295.jpg



純喫茶 丘(上野)-02につづく
[PR]
by makishiozawa | 2010-01-27 19:07 | 東京ノスタルジック喫茶店
<< ○東京ノスタルジック喫茶店78... 今日は千石、根津方面 >>