Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
○東京ノスタルジック喫茶店68 珈琲 TOM(代々木)-01
f0130980_914241.jpg



古巻力さんが店を始めたのは1971年のこと。
・・・
古巻さんはコーヒーなんて、脇役中の脇役だよという。

「例えばある方が缶コーヒーでもマクドナルドさんのコーヒーでも何でもいいです、飲んだ時にたまたまモテたと。そうしたらそれがとびきり美味しいコーヒーになると思うんです。全く逆のことも起こりえる。例えば僕らがこれまでに一番美味しいコーヒーを出したと思っても、その人が競馬新聞を見ながらその場で外れたりしたら、もうあんなところへ行くものか、こんなに苦いコーヒーはないって感じて二度と店へは来てくれないかもしれない。その人が置かれている状態の中で、たまたま何かとの間にあるのがコーヒーなんです」

店は代々木駅から数分のところにあり、二階建ての一軒家だ。一階は比較的照明を落とした木造りの、壁に体が触れていると落ち着くといった系統の人に好まれそうな空間だが、二階は二面が窓で大きめのテーブルと座席も多く開放的な雰囲気。一階も二階も異なった趣の、大変美しい空間だ。
向かいにはマクドナルドの現存する国内一号店がある。

「向かいのマクドナルドさんも今、新宿にあったらきっと常に満席ですよ。レトロな内装で。ところが代々木にあるから空席が見えるんで。つまり代々木はそういう場所なんです。いつの間にかいい場所じゃなくなっちゃったんです。そこに小学校がありますけど、6学年合わせて100人しかいないんです。夕方になると皆さんよその町へ帰ってしまうんです。だから夜は商売にならないし、日曜・祝日、全部商売にならない場所になってしまったんです。
・・・

「・・・怠け者だから37年も同じことをできたんじゃないかな。
東京っていうところは、僕らみたいなダメな奴から素晴らしい人までいっぱいいて、それが面白いです。
随分これまで沢山の大学生が働いてくれましたが、若い人はそれぞれに楽しくて、自分が何回生まれ変わっても敵わないような本当に立派な人格に触れたりもしました。
若い人でも素晴らしい人って沢山います。一方で、勤勉でない日本人、自分の価値も見えず、人の価値さえ見えていない人も増えている。
1971年からアルバイトには学生さんを雇ってきたんです、だから下手な大学教授よりも学生たちと接している時間と中身は濃いと思います。何百人っていう人を見てきました。それで思うことは、本当に人間って言うのは面白いということです」

そう言って古巻さんは笑った。

古巻さんがぽつりぽつりと話してくれたことは、納得のいくものが多かった。家賃を毎月払って喫茶店を経営することが、今の時代ではいかに大変なことなのかということをこの店に限らず取材を通して感じる場面も多かった。
ただ、怠け者だから37年続けられたという言葉にだけは頷くことができない。
怠け者のやる店が、こんなにも美しく、コーヒーが美味しいということがあるように私には思えない。
毎日同じ時間に店を開け、同じように美味しいコーヒー淹れること。それは怠け者には決して成し得ない、大変なことなのではないかと私は思っている。
毎日顔を出すことのできない者がこういうことを思うのはただの自分勝手なのは承知だが、その消えそうなともしびを一日でも長く灯し続けてほしい、いつまでも残ってほしい、そう願わずにはいられない。


(単行本『東京ノスタルジック喫茶店』河出書房新社刊、より一部引用。)


f0130980_915931.jpg



f0130980_922171.jpg



f0130980_92318.jpg



f0130980_925346.jpg



f0130980_93893.jpg



f0130980_933142.jpg



珈琲 TOM(代々木)-02につづく
[PR]
by makishiozawa | 2009-10-16 09:06 | 東京ノスタルジック喫茶店
<< ○東京ノスタルジック喫茶店6... 昨日の朝日 >>