Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
日々
写真だけの日(一眼レフ)
写真だけの日(コンパクト)
東京ノスタルジック喫茶店
東京・横浜 リトル カフェ
たべもの
たまにはラーメン
プリンってカワイイ
ピアス作りと自分でジェルネイル
エッセイ的な
人物/青空1日写真館
旅のこと1-バリ島
旅のこと2-佐野小旅行
旅3-scene,in Asia
旅4-scene,in Europe
旅5-scene,in the past
東京プチヒーリング
ミニガイド
読書・本
仕事・写真のこと
my favourite things
散文
mini写真展1-2008秋
オリジナルポストカードリスト
お知らせ
この頁について
はじめましての方へ
=memo=
どうぞよろしく↓↓
以前の記事
2014年 12月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
もっと前の記事↓
Mar,2004〜XX,Mar,2007



Copyright-©2011 Maki Shiozawa All Rights Reserved

☆掲載されている画像等の無断転載・使用は禁止いたします。ご遠慮ください。
著作権は塩沢槙に属します。


●お仕事などのご依頼・メールはこちらへ
makishiozawa[at]ybb.ne.jp  
↑[at]を@に変えてくださいね!


○携帯電話からご覧になる場合のURL↓
http://
mblog.excite.co.jp/
user/makisphoto/


みちくさ学会バナー
by livedoor

純喫茶カテゴリ連載中




○リンクフリーです。
ご一報いただけたら、とても嬉しいです。


エキサイト以外のリンク
------------------------
ケーキ日記
妹・マヤの日記
Cafe 9chair
笹塚中野通り
Spice Cafe
しらすのラーメン日記
ふでもじ生活
おっさん メダカ ロックンロール
houti blog
一本気新聞
TULSA
ね じ ま き 雲
seront
design office B3のつれづれ
お気に入りブログ
旅の記憶 - trave...
つれづれ日記
フウドの日々暮らし
gallery yuri
lulur*otb
ナオミの夢 ~『喫茶 宝...
ゴリラ と 星☆
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧
○東京ノスタルジック喫茶店54 珈琲 銀座ブラジル(浅草)-01
f0130980_2251817.jpg



銀座ブラジルは昭和23年、3代目店主の梶純一さんのおじいさんがブラジルからコーヒー豆を輸入して、銀座で販売するところから始まった店だ。そのすぐ後に喫茶店も始めたという。現在店舗は浅草に一軒のみだが、店名に[銀座]と付いているのはこのためだ。今も銀座二丁目に[銀座ブラジルビル]という建物だけは残っているという。銀座店が閉店したのはもう20年前のこと。
・・・
銀座ブラジルのオープン当時、梶さんのおじいさんが何か新しい食べ物を見つけてこようということで、どういう食べ物が流行っているかをアメリカへ行って調べてきた。
ホットドックやフライドチキンバスケットは、当時まだ日本にはなかったものを見つけて来て、日本人の好みに合うように研究したメニューだ。
今も全部この店の食べものは機械を使わない手作り。そこがこだわり。一番美味しい状態に仕上げるために、肉や野菜やパンに包丁を入れるのも、揚げ物にパン粉をつけるのもすべてオーダーが入ってから。パン粉は食感が変わり、肉も切ってしまうとそこから酸化して味が変わると梶さんは言う。お昼の忙しい時間でもそのやり方は変わらない。とにかく大量生産では真似できない味を出したい。この店のメニューの殆どが、オープン当時と変わらないものだ。
そしてこれらの昔ながらのメニューが、本当においしい。特にロースカツのサンドイッチは、他の店のが食べられなくなりますよと言うほど梶さん自慢の品。

びっくりするかもしれないが、梶さんは現在タクシーの運転手をやっている。

「実はタクシーの運転手さんはラーメン屋だったり、寿司屋だったり、飲食店を経営している方ってすごく多いですよ。不景気な世の中だから、どうにかお店を残そうって考えている人は副業として何かをやっているんでしょう。
コストを削るといっても材料費は削れない、味は落とせない。そうしたら人件費削る、ならば私の給料を削るしかない。外で稼ぐという方法を見つけたんです」
・・・
梶さんの店の場合、材料費にかなりお金がかかっている。けれども地元の毎日来てくれる方々もいるし、そういうお客さんを大事にしたいから値上げしないでなるべく安いままで提供したい。今機械を使わないで、手落としでやっている店でコーヒー一杯300円でやってるところは少ない。悪い豆を使って、機械でやるならできるけれど原価は高い。
・・・
「閉めちゃえば楽なのかもしれない。だけど閉めないことを選んだんです。大事な場所だからです。・・・」
・・・

(単行本『東京ノスタルジック喫茶店』河出書房新社刊、より一部引用。)
 

f0130980_2253577.jpg



f0130980_2255145.jpg



f0130980_22611.jpg



f0130980_2262392.jpg



f0130980_2263455.jpg



f0130980_2265036.jpg



珈琲 銀座ブラジル(浅草)-02につづく
[PR]
by makishiozawa | 2009-08-11 22:09 | 東京ノスタルジック喫茶店
<< ○東京ノスタルジック喫茶店55... 10,Aug,2009 仕事のこと >>